探訪の穴

探訪の穴

ごうや:ごうやスペシャル

 何年か前、鹿児島県を家族でドライブしていた時のこと。道端に出ているカレー屋の看板が、ふと目に入りました。そこには「スープカレー」の文字が。 「こんな所にもスープカレーの専門店があるんだなぁ... 【続きを読む】
探訪の穴

ミック:ビーフ・カレー

 2020年の“初カレー”、あなたはいかがでしたか? 私は喫茶店で食べました。以前から知っていたし、食事をしたこともある店なのですが、カレーは初めて。二重の意味で“初カレー”でした。 ... 【続きを読む】
探訪の穴

柳屋:カレー南ばん

 蕎麦をカレー仕立てにしたものが「カレー南蛮」。 ですが、慣れ親しんでいるカレーうどんに比べ、いささか“マイナー”というか“邪道”というか、そんなネガティブな印象を抱いてしまいます。正直「繊... 【続きを読む】
スポンサーリンク
探訪の穴

鶴の屋:Summer Mojyoka Curry

 熊本県の南端に位置する水俣市。 市内の山間部に「湯の鶴温泉」という温泉地があります。かつては湯治客でにぎわったそうですが、現在はひなびた風情。  今回訪れたのは「湯の鶴迎賓館 鶴の屋... 【続きを読む】
探訪の穴

カフェ山猫軒:お野菜とお肉のダブルカレーセット

 宮沢賢治の小説「注文の多い料理店」の舞台となる、不思議な料理店、それが「山猫軒」です。 この店名は全国に点在している模様。店主が宮沢賢治ファンだったり、立地が山奥だったりする場合、よく名付... 【続きを読む】
探訪の穴

芦北伽哩街道(2019)

 今夏も始まりました「芦北伽哩街道」。 いろんなカレーが楽しめる催しです。熊本県内で続いている食イベントとしては、最長ではないでしょうか?  令和初となる今回は、芦北町と水俣市の14軒... 【続きを読む】
探訪の穴

コップンカー食堂:グリーンカレー

 店舗名の「コップンカー」は、タイ語で「ありがとう」の意味です。 ただ、タイ語には男性言葉と女性言葉があり、「コップンカー」は前者。男性言葉は「コップン」「コップンクラップ」とのこと。カタカ... 【続きを読む】
探訪の穴

深夜特急:深夜特急カレー

 沢木耕太郎の旅行記『深夜特急』。 これを読んでバックパッカーにあこがれた人は多いでしょうし、実際にユーラシア大陸へ旅立った人も少なくはないでしょう。私は前者止まりですが。  今回訪れ... 【続きを読む】
探訪の穴

カレー食堂:あか牛煮込カレー

 交通の要衝…空港や駅では“ご当地カレー”に出合える確率が高いようです。来訪者が集中する玄関口だけに、“対外向け”のカレーが用意されているのでしょう。  今回訪れた「カレー食堂」は、熊... 【続きを読む】
国内全般

カレーコミュニケーション:欧風ビーフカレー

 「あなたにとってカレーとは?」と訊かれたら、迷わず私は「コミュニケーションツールです」と答えます。 カレーが好きな私は、カレーが好きであるということを通じ、カレーが好きな多くの人たちと交流... 【続きを読む】
探訪の穴

バンブルビー:3色カリー

 出張で大阪を訪れました。 ならば“スパイスカレー”の名店を…と目論んではいたけれど、自由に動ける時間は限られています。なので、訪れられる店も限られていました。  業務の合間に足が伸ば... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました