ポラポラ食堂:ベジタリアンプレート | カレーの穴 curry-no-ana.com

ポラポラ食堂:ベジタリアンプレート

味や食感の変化を楽しむ(福岡県福岡市)

ポラポラ食堂:ベジタリアンプレート
 用事で福岡市を訪れ、ついでにカレーを食べようと思い立ちました。
 スマートフォンで検索してみたところ、目的地の近所に、南インドのミールスなどを出す店があることが判明。今さらながら、便利な世の中になったものです。

 こうして、福岡市中央区赤坂の「ポラポラ食堂」を訪れました。


 店舗があるのは「ハローワーク福岡中央」北側の、「フドウ赤坂ビル」の地下名店街。居酒屋やレストランなどが入居している一画です。
 インド風の布や人形などが飾られている店内は、カウンター4席、4人掛けのテーブル3卓、2人掛けのテーブル3卓。

 たまたま運良く、開店3周年の記念セール中。「ベジタリアンプレート」と「ノンベジタリアンプレート」を格安で提供していると聞き、前者を注文しました。
 メニューを見たところ、ターリ皿にカトリ(小皿)が並んでいる、立派なミールスが。肉料理もある模様。

ポラポラ食堂:店舗&紹介文
 カウンター席にカレーが到着。さまざまな料理が、平皿に盛り合わせてあります。メニューによると、ナスのサンバル、キュウリのピクルス、ジャガイモとゴーヤのピクルス、ダール(豆カレー)、インギタイール(ショウガ入りヨーグルト)、それにターメリックライスとバスマティライス。パパドが帆のように立っている様子は、どこかお子様ランチっぽくも見えますね。

 パパドを手で砕いてパラパラと振りかけ、全体をザックリと混ぜ合わせながら食べます。ひとつひとつの料理は、素材の持ち味を活かした優しい味わい。それらがランダムに合わさり、ひと皿の枠の中で、味や食感が多彩に変化していきます。食べていて実に楽しい。
 卓上に小鉢が置いてあり、根菜のピクルスとのこと。ダイコンとレンコンとニンジンに辛味を利かせた、赤いシロモノです。これを少しずつプレートに混ぜ込むと、穏やかなカレーにピリ辛のアクセントが。
 ボリュームがありそうなのに、あっさりとしていて、胃袋にスルリと収まりました。

 個人的には、日本の精進料理を食べると「イマイチ物足りない」との感想が残ってしまうのですが、ミールスの時には皆無。充分に満足でき、「やはり肉が欲しい」などと思うことはありません。
 卓上に掲示されている、南インド料理の紹介文を読みながら、「よくできているよなぁ」と感心したものでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪