たごカレー(その2):ラムカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

たごカレー(その2):ラムカレー

「コルマのC」に出合う(熊本県熊本市)

たごカレー:ラムカレー
 熊本県の“カレー界”において、伝説的な名店とされる「ニューデリー」。閉店して十数年が経つ現在でも、しばしば耳にする存在です。
 個人的に大好きだったメニューは「コルママトンカレー」。辛さのレベルは、下から3番目の「C」を選択。「コルマのC」というのが、「ニューデリー」での私の定番でした。

 先日、熊本市中央区下通にある「たごカレー(TAGO CURRY)」で、私は懐かしい「コルマのC」のおいしさに出合いました。
 店主のウチダさんは、「ニューデリー」を強くリスペクトしている人物。そのカレーには、ニューデリー的なテイストが色濃く感じられるのです。


 この日、店内の黒板に書かれていたメニューは「ラムカレー」「馬キーマカレー」「野菜とひよこ豆のカレー」の3種。
私はラムカレーを注文しました。マトンではないけれど、“あの味”に出合えそうな気がして。
 以前に訪れた時は「馬キーマ」を食べたのですが。今回は、いっそうのワクワク感を覚えました。

 訪れた時間は昼下がり。奥が空いていたので、カウンター席ではなく、テーブル席に着きました。
 ランチタイムにご飯が切れてしまったそうで、新たに炊きあがるまで20分ほど待たされました。たまたま空いてはいたけれど、お店は繁盛しているようですね。

たごカレー:店内&漬け物
 先に出されたミニサラダを食べていると、カレーが到着。サラリとしていて茶褐色、表面には黒色や赤色、黄色の、細かな粒が浮いています。紡錘形のサフランライスに寄りかかるように、ラムらしい長さ約10センチの骨付き肉。その周りには、ジャガイモやオクラ、カボチャ、レーズンなどが見られます。キュウリとタマネギの、漬け物の小鉢が付いていました。

 複雑な味わいのカレーです。肉の強い旨味に、酸味や苦味、わずかな渋味などが加わって、重層的な深みが。ホットな刺激に、カルダモンの風味が利いています。油濃くてワイルドな感じだった「ニューデリー」に対し、こちらは比較的クリーミーで食べやすい印象も。時おり混ざるレーズンの甘味が、程良いアクセントになっていました。
 ラム肉はジューシーにしてボリューミー。食べ応え充分です。骨離れが良く、スプーンで切れる軟らかさでした。

 食べている時もおいしいけれど、食終においしさが後を引きます。これが「ニューデリー」のカレーの真骨頂で、「たごカレー」にも受け継がれているようです。
 店を出て、ビルの階段を下りたあたりで、胃袋が満たされているにも関わらず、またもや私はカレーが食べたくなっているのでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪