薔薇カレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

薔薇カレー

花束の代わりに?(近藤善光)

薔薇カレー:パッケージ
 「花のカレー」と聞けば、普通は「花が入ったカレー」を想像しますよね。
 しかし、実際には“花をイメージして”とか“花にちなんで”など、ややコジツケめいているものがほとんど。例えば「ネモフィラカレー」がそうです。

 今回試食した「薔薇カレー」は、イメージしてもちなんでもいません。カレーにバラが入っているという、“そのものズバリ”なレトルト製品です。


 鹿児島県鹿屋市の“ご当地カレー”。同市は「ばらのまち」をPRしており、市内には「かのやばら園」という観光施設があるそうです。

 1食200グラム。製造は近藤善光という個人です。

 温めてご飯にかけたカレーは、ローズピンクというよりは、むしろ肌色。ところどころにオレンジ色の油脂が浮いています。クリームシチューのようなトロみ。具材は細片ばかりで、見ただけでは判別できません。

薔薇カレー:実物
 食べた印象もクリームシチューっぽい。ご飯を進ませる強い旨味がある半面、スパイスの刺激はイマイチです。それでも、後味にクミンが香って、これがカレーの眷属であることを思い出させてくれました。
 具材として、タマネギやニンジンの細片を確認。成分表には「薔薇チャツネ」とありますが、私が食べた限りでは、よく分かりませんでした。せめて花びらでも入っていれば…。

 パッケージには「ばらの花束を贈るつもりで作りました」と書いてあります。花束を贈るべきシーンで、このレトルトカレーをプレゼントしたら…なんて想像すると、なかなかに愉快です。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪