一休本舗・八代店:和風だしカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

一休本舗・八代店:和風だしカレー

甘味処の隠れた人気メニュー(熊本県八代市)

一休本舗・八代店:和風だしカレー
 その店で“戦力外”とされるカレーが、意外においしい…というケースがあります。例えば、甘味処の軽食メニューに載っているカレーとか。
 そう。甘味処で食べるカレーって、おいしい場合が多いのです。きちんと検証したことはありませんが、“主力”でない商品への気安さが、かえってカレーに良い作用をもたらすのかも知れません。

 今回訪れたのは、熊本県内に数店舗を構える和菓子屋「一休本舗」の八代店。ここにある甘味処の隠れた人気メニューがカレーなのです。


 八代市中心部の松江城町。八代宮へ伸びる参道の、大きな鳥居のそばにあります。
 和菓子屋よりも「団子屋」の呼称が似合う、民芸調の店構え。奥が甘味処になっていて、4人掛けのテーブル4卓と、小上がりが設けられています。

 メニューの前半は、アンミツや和風パフェなどのスイーツ系。後半には、タコヤキやグラタンなどの軽食類が載っており、その中に「和風だしカレー」が。
 トッピングは「やみつき唐揚げ」と「ミルフィーユカツ」から、ご飯は白飯と十穀米から、選択する仕組みです。店員さんのオススメに従い、唐揚げと十穀米を選びました。

一休本舗・八代店:店舗
 お盆に載ってカレーが到着。外観は日本風っぽいのですが、ジャガイモやニンジンなどは入っていない様子。トッピングされた、大きさ6センチほどの唐揚げ2個が目を引きます。丸く盛られた十穀米は、赤飯の色を薄くしたような風情です。ミニサラダ付き。

 その名のとおり、昆布やカツオ節の旨味が利いています。片栗粉らしい滑らかなトロみもあり、このままカレー南蛮などに流用できそう。当初はだしが強すぎるように感じられたけれど、食べていくうちに気にならなくなり、むしろ十穀米の素朴な味わいに合っていることが判明。また、具材として刻んだ油揚げが入っており、これがカレー風味のだしを吸って、何ともオツなおいしさを生んでいました。
 トッピングの唐揚げは、醤油の下味がしっかり付いていて、モモ身でボリューム感もある。ですが、カレーの和風だしは、唐揚げに負けていません。だしの存在感が前面に出て、ひと皿の中で唐揚げやご飯をまとめ上げている…そんな印象でした。

 この一休本舗グループでは、トロリと軟らかくて上品な「京風たこやき」が、軽食では最も知られているメニューです。
 しかし、カレーにも見過ごせない魅力があります。店員さんによると「他のグループ店でもカレーが出るのかは分からない」とのことでしたが。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪