カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

カテゴリー ≫海外全般

バンコクのカレー

大衆店も高級店もうまい!(タイ・バンコク)

「MBK Food Center」のカレー
 タイと言えばタイカレー。10月24日からタイに渡り、プーケット島でのミニオフ会を終えた私とカミさんは、古都アユタヤの仏教遺跡を見物した後、鉄道で首都バンコクに入りました。交通事情の悪さで知られていたバンコクですが、BTSという高架鉄道ができてから、市内の移動が格段に便利になっています。私たちはバンコク中心部の繁華街サイアム地区にあるホテル「Novotel Bangkok Siam Square」に滞在、あちらこちらへと繰り出しては、名物のフカヒレやタイスキ、屋台料理などに舌鼓を打ち鳴らしました。

 さて、タイカレーです。私は庶民的なカレーと、最高級のカレーの両方を食べようと考えました。旅行前に「ほとんどのタイ料理は、大衆店も高級店も味のレベルは変わらない」という話を聞いたので、自分の舌で確かめてみたかったのです。

≫続きを読む

ボンベイ:ビーフカレー

もはや日本料理扱い?(韓国・ソウル)

ボンベイ:ビーフカレー
 韓国・ソウルで遅めの夏休みを満喫しました。私のような食いしん坊が韓国と聞けば、即座に「焼き肉」「激辛」などのイメージが浮かびますが、実際はそのような単純なものではありませんでした。野菜や発酵食品をたくさん摂取し、辛さだけでなく複合的な味わいを楽しむ、ヘルシーにして高度な食文化。それよりも何よりも、みんなおいしかった。私とカミさんは3泊4日の限られた日程を最大限に活用し、カルビをはじめサムゲタンやビビンバ、チヂミなど有名料理を次々と平らげました。

 ところが、カレー者の哀しさよ。私の頭の片隅に「韓国のカレーを食べなければ」という使命感にも似た強迫観念がこびりついて離れません。

≫続きを読む

イギリスのレトルトカレー

洋食カレーの源流を探る(イギリス)

イギリスのレトルトカレー
 インド発祥のカレーは、イギリスを経由して日本にもたらされました。日本のカレーの“産みの親”をインドとするならば、イギリスは“育ての親”。また、明治期に伝来したカレーがすでに洋食であったことを考ると、イギリスこそが本場であると言えるでしょう。

 今回試食したのは、イギリスに旅行した後輩が土産にくれたレトルトのチキンカレーです。後輩の話では、スーパーで買った時、たまたまレジ係がインド系のオバチャンで、レトルトカレーと見るや「なんでこんなの買うの?」と言わんばかりの顔をしたそうです。中身の出来が思いやられるエピソードですが…。

≫続きを読む

韓国のレトルトカレー

隣国の味はノスタルジック(韓国)

韓国のレトルトカレー
 近年の韓国ウォン安などで、身近な海外旅行先として韓国が人気です。旅行会社のカウンターには、韓国行きパックツアーのパンフレットがにぎやかに並んでいます。特にここ九州では、距離が近いことも手伝い、1泊2日などの短い韓国旅行を気軽に楽しむ人が増えています。

 今回試食したレトルトカレーは、私の勤務先の社員が休暇で韓国を旅行した際、お土産に買ってきてくれたもの。パッケージの写真はまぎれもなくカレーですが、ハングルが読めない私には、何が書いてあるのか分かりませんでした。

≫続きを読む

バリ島のカレー

妙に食べやすかったのは…(インドネシア・バリ)

バリ島のカレー
 インドネシアのバリ島を、観光で訪れました。観光地化が進んでいる海沿いのクタと、古来の文化が残る高地のウブドに、それぞれ3泊滞在。珊瑚礁を間近に見るシュノーケリングや、ジャングルの急流を下るラフティング、きらびやかで幻想的な伝統芸能…などなど、世界有数のリゾート・アイランドだけに、未知の面白さを満喫できましたが、カレーのリポートを忘れるわけにはいきません。

 ところが、街にはカレー料理の専門店など見当たらず、一般的なレストランのメニューには載っているものの、特に「カレーが絶品」と評判になっているような店もありません。そこで、クタとウブドで滞在したホテルの食堂を利用してみました。

≫続きを読む