たらばかにカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

たらばかにカレー

“カニ入り”としては…(高島食品)

たらばかにカレー:パッケージ
 エビやイカ、ホタテ…シーフードカレーにはさまざまな魚介類が使われます。
 ですが、カニを使ったものは比較的、珍しい部類に入るかも知れません。身がほぐれやすいので、カレーの中で存在感を出すのが難しい…などの事情があるようです。

 今回試食した「たらばかにカレー」は、その名のとおり、カニが主役のシーフードカレー。北海道名産のタラバガニが入っています。


 製造は北海道・厚岸町の高島食品。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いチョコレート色。ポタージュ状のトロみがあります。タラバガニの身と思われる、ほぐれかけた繊維質の集まりが、2つほど確認されました。ニンジンなどの細片も入っている模様。

たらばかにカレー:実物
 作りは欧風です。コクのある肉系の旨味を、フルーティーな甘味が引き立てています。潮の風味も感じられますが、ごく控えめ。シャープな刺激は、表示どおりの「中辛」でしょう。
 カニの身は、咀嚼する間もなく口の中でバラバラになってしまうので、食べ応えはイマイチ。身の中にあるはずのエキスは、カレーへ出てしまっているようです。

 カレー自体の完成度は決して低くなく、おいしく食べられます。しかし、“カニ入り”としては残念なものがありました。
 存在感を増すために殻を入れてみるとか? いっそカニカマボコを使ってコストを下げれば…とも考えましたが、それでは別の商品になってしまいますね。難しいものです。