カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

土佐ジローカレー

硬さが印象的?(四國健商)

土佐ジローカレー
 高知県の土佐地鶏と、アメリカのロードアイランドレッドを交配して作られた、卵肉兼用のニワトリが「土佐ジロー」。地鶏の「ジ」と、ロードアイランドレッドの「ロー」で、「ジロー」と名付けられたそうです。
 肉の方は、野趣ある食べ応えや、豊富な旨味などが特徴とされています。

 この土佐ジローを使ったレトルト製品が、今回試食した「土佐ジローカレー」。高知県の“ご当地カレー”とされているようです。


 通常サイズのパッケージからはみ出した、土佐ジローのイラストがユニーク。土産物売場などで目立つでしょうね。

 販売は高知市の四國健商。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、落ち着いたブラウン。粘度は低いものの、野菜らしい細粒がミゾレ状に溶け込んでいます。ニンジンのカケラ2個、ジャガイモのカケラ3個、そして土佐ジローと思われる3~4センチ立方の鶏肉を1個、それぞれ確認しました。

 あっさりとしていてキレのあるカレーです。トマトの酸味と、カルダモンの風味が利いている。なかなかにスパイシーですが、刺激は中辛よりも弱め。野菜類は軟らかく仕上がっており、それでも煮崩れてはいません。
 “主役”の鶏肉は、レトルトの具材としては、かなり硬め。グイッと噛めば繊維質がほぐれてくるものの、カレーに旨味が出てしまっているのか、味わいに物足りなさを覚えました。

 鶏肉のポーションが大きいので、硬さも手伝って、しっかりとした食べ応えがある。皮肉なことに、意外と印象に残ってしまうカレーでした。