カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

壱岐牛カレー

濃厚でズッシリ(うにの島本舗)

壱岐牛カレー
 九州北方の玄界灘にある壱岐島。ここでは「壱岐牛」という黒毛和牛が生産されています。
 ブランド牛肉としては比較的マイナーに思えますが、仔牛のうちに関西へ出荷され、松坂牛や神戸牛に育てられているそうです。隠れた名産品かも。

 今回試食した「壱岐牛カレー」は、その壱岐牛を使ったレトルト製品です。


 販売は壱岐市にあるうにの島本舗。1食220グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いめのブラウン。粘度はネットリと強く、ピーナッツバターを思わせます。肉や野菜が入っているようですが、見ただけではよく分かりません。

 欧風のビーフカレーです。ルーに小麦粉や牛脂がたくさん使われているらしく、食感は重厚にして濃厚。肉の旨味を、強い甘味が引き立てています。刺激は表示どおりの「中辛」。
 牛肉は1~3センチ程度の小塊が6個ほど。量は決して少なくないのですが、カレーに埋もれて分かりにくいのが残念です。フルフルと軟らかな脂身に、上品な甘さが感じられました。

 ズッシリとしたボリューム感のあるカレーでした。それは肉ではなく、カレーからもたらされた感覚ですが。
 壱岐牛のサーロインなどはとても高価で、私たち庶民には手が出ません。そんな牛肉でも、レトルトカレーであれば土産物として手軽に購入できますね。