ノザキのコンビーフカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

ノザキのコンビーフカレー

ノスタルジックな魅力(川商フーズ)

ノザキのコンビーフカレー
 長い間、私は「コンビーフは『缶ビーフ』のことだ」と勝手に思い込んでいました。「塩漬け牛肉(corned beef)」を意味していると知ったのは、つい最近のこと。
 私の頭の中では、あの台形の缶詰(「枕缶」と呼ぶそうです)のイメージと、コンビーフが密接に結びついていたのです。

 今回試食した「ノザキのコンビーフカレー」は、初の国産とされる「ノザキのコンビーフ」を使ったレトルト製品。表示は「中辛」。レトロなパッケージデザインが、“老舗”の歴史を物語っているようですね。


 販売は川商フーズ。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、落ち着いたブラウンです。モッタリと強めの粘度。コンビーフと思われる繊維状の茶色い物体が、たくさん入っています。他に具材らしい物は見当たりません。

 小麦粉の重たさが特徴的な、洋食風の作り。牛肉の旨味や風味が凝縮された、しょっぱくてクセのある独特の味わいは、確かにコンビーフのものです。ビーフカレーとは異なるおいしさ。刺激はピリリとシャープで、中辛よりも強めに感じられました。
 どこかノスタルジックな魅力があり、「たまにはコンビーフを食べてみようかな」という気分にさせるカレーです。

 ただ、“主役”のコンビーフがカレーと一体化しているため、具材の無いカレーを食べている気分になってしまいます。何かアクセントになる具材を入れて、食べ進む際の単調さを解消したいところ。個人的には、キャベツあたりが合いそうに思えました

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪