キャッチーなブランド豚(三越伊勢丹フードサービス)

東京X豚 ポークカレー
 各地で生産されているブランド肉。品質もさることながら、ブランドの確立においては、ネーミングや物語性なども重視されるそうです。
 ネーミングでインパクトのあるブランド肉と言えば、ここ熊本では鶏肉「天草大王」。全国を見渡せば、さまざまな銘柄の中でも、豚肉「TOKYO X」あたりが目立っていますね。

 今回試食したのは、そのTOKYO Xを使った「東京X豚 ポークカレー」。 東京都畜産試験場が生んだブランド肉による“ご当地カレー”です。

 製造は三越伊勢丹フードサービス。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いブラウンで、ゆるいトロみ。具材は比較的多めで、1〜2センチほどの肉や野菜が見られます。

 欧風と日本風が混在している印象。刺激は中辛よりやや強めで、しっかりとした甘味と旨味が特徴的。滑らかで上品な味わいの半面、ニンジンやジャガイモなどがコロコロと入って素朴な感じも。
 豚肉の小塊が数個。噛み締めてみると、細い繊維質が密集しているような感触でした。繊細な肉質なのでしょう。

 おいしいカレーではありますが、肉の特徴までは分かりません。味の方にも、ネーミングに負けないインパクトが欲しいところです。
 
 ↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログへ