炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー

これもブランド肉?(田村道場)

炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー
 お笑い芸人・たむらけんじが経営する「炭火焼肉たむら」。芸能人による飲食店が目まぐるしい興亡を見せる中、堅実な経営で業績を伸ばしているそうです。

 今回試食した「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー」は、長い商品名どおりのレトルト製品。芸能人の写真やイラストなどに頼らない、シンプルなパケージデザインが目を引きます。この赤と白は「辛口」で、他に黒と白の「中辛」などがある模様。


 販売は田村道場。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃厚そうな焦茶色。ゆるめの粘度です。肉の小塊が5~6個あり、野菜類は煮溶けている模様。表面がかすかに光って見えるのは、油脂が多いせいでしょう。

 パンチのあるビーフカレーで、ひと口目から強い旨味が感じられ、食欲を刺激します。牛脂がふんだんに溶け込んでいるようで、ボリューム感がある半面、食べ進むうちに胃のあたりに重さも。強めの辛さが、やや遅れて口の中にジワリと拡がりました。
 レトルト製品にしては牛肉のジューシーさが残っており、フルフルに軟らかい脂身も魅力的。“主役”にふさわしい食べ応えがあります。

 完成度の高いレトルトカレーです。「たむら」はカレー専門店も出店しているそうですが、この出来ならば納得。カレーがおいしければ、同じ肉を扱っている焼肉店のPRにもなるでしょう。銘柄牛とは別の次元で、“「たむら」の肉”としてブランド化が図られているのかも知れません。