第19回オフ会(chang-PLANT) | カレーの穴 curry-no-ana.com

第19回オフ会(chang-PLANT)

何故か“着物人口”増加

第19回オフ会(chang-PLANT)
 これまで不定期に開催してきたオフ会ですが、不思議と夏場は欠かしていないようです。やはり、暑い盛りに食べるカレーはおいしいし、夏とくれば“暑気払い”の宴会が付きものですから。

 会場は熊本市新市街のエスニックカフェ「chang-PLANT」。今や県外にも知られるカフェへと成長・発展しています。昨冬のオフ会で利用しているので、店長のナガシマさんには「夏ならではのカレーを」とお願いしました。


 参加者は15人(写真上)。天竺堂夫妻と、常連組がマーケッターのottyanMさん、オルガニストの風琴さん、イラストレーターのTAEKOさん、法律事務所にお勤めのさささん、某カレー屋勤務のナマヒゲさん。3度目の参加が、カメラマンへの道を歩むやすさん、その“相方”の姐さん。初顔が、某バーのマスター・ふるちゃんと、美しい奥様、少年マンガネタも大丈夫なguniangさん、熱き農業者・せいさん、隠れたベーシストの五月猫さん、謎の角刈り青年・katanaさん。
 賑やかな集まりとなった訳ですが、驚いたことに今回は9人が着物。実は私も、前回に続いての“着物人口”増加を見越し、当日は浴衣を着ておりました。

 オフ会のテーマが曖昧模糊としてきた気もしないではありませんが、着物を着る機会が激減している中、布地に“危険”なカレー料理が出ると分かっていても着物でいらっしゃる、みなさんの“意欲”に感激しました。それほどに「オフ会を楽しもう」と思って来て下さるのだなぁ…と幹事の務め甲斐を感じたものです。むろん、着物はオフ会に不可欠な要素ではありませんし、みなさんが舌鼓と共に楽しく歓談して下さることが、私の一番の喜びです。
「フェデリコ」にて
 さて、ナガシマさんが腕を振るった料理は、いずれも珍しく、かつおいしいものばかり。揚げたシメジをヨーグルトで和えた前菜や、ピーナッツを混ぜ込んだカレー、酸味の利いた赤いキーマ、ライスヌードルの炒め物など、食欲を刺激する逸品ぞろい。ピッチャーのビールが、たちまち空になってしまいました。飲食の量に比例して場のボルテージも高まり、新顔の方々も旧知のごとくに馴染んでおられたようです。

 2次会の参加者は13人。下通のイタリアンレストラン「フェデリコ」に雪崩れ込み、カヴァで乾杯しました。ここで新顔のクールビューティー・マユミさんが仲間入り。夜更けまで、さまざまな話題やネタ、ホラ話、昔話、打ち明け話で盛り上がりました。

 似たようなことを何度も書いてきましたが、「カレーのオフ会」と言うよりも、「カレー的なオフ会」と呼ぶべきかも知れません。参加者はスパイスであり、それが渾然一体となっておいしさが生まれる…そんな集まりだと改めて感じた次第です。参加して下さったみなさんと、会場のスタッフの方々に御礼申し上げます。