カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

Yellow Spices:ビーフカレー

あなどれないテイクアウト(佐賀県佐賀市)

Yellow Spices:ビーフカレー
 去る7月7~8日、私は会社の連休を利用して、友人と2人で佐賀県まで泊まりがけのドライブに出掛けました。

 まず探したのは当然、カレー屋。…ところが、ガイドブックで紹介されていたカレー屋は、あいにく店休日。そこで喫茶店に入ってウェイトレスに訪ねてみると、「カレーのおいしい店ですか? さあ…」といった調子。道路でティッシュを配っていたお姉ちゃんに聞いても、全国チェーンの「CoCo壱番屋」を教えてくれる始末。


 「佐賀ではカレーに出合えないのか…」と意気消沈しながら車を走らせていると、私の視界の隅を、「カレー」と書かれた黄色い旗がかすめました。あわてて急ブレーキを踏んで振り返ると、そこに「Yellow Spices」というカレー専門店が建っていたのです。後日確認したところ、JR佐賀駅北側の神野東という地区でした。

 カレー屋らしい黄色でデザインされた店内は、ほとんどを厨房が占め、小さなカウンターには椅子がありません。デリバリー専門なのです。メニューを見るとカツカレーやシーフードカレーなど8種類あり(各種トッピングもあり)、私はオーソドックスにビーフカレー、友人はエビフライカレーを注文しました。

 直径30センチほどの円いプラスチック容器に、スプーンとともに、ルーとご飯と福神漬けが納まっています。ややオレンジがかったルーの表面にはうっすらと油がにじみ、その中に牛肉の塊が3個。友人の方は、ルーには何も具がない代わりに、エビを腹から開いたユニークな形のエビフライ2個がご飯の上に乗っていました。

 弁当形式のカレーには珍しく、ルーはサラッとしています。食べてみると、見たとおりの油濃さですが、その中にスパイスの風味が充分溶け込んでいます。野菜やチャツネを煮溶かしたらしい複雑な甘さの奥に、ピリッと結構強い辛さが感じられ、デリバリーにしてはなかなか本格的な味。硬めのに炊かれたご飯も合います。また、牛肉はトロリと軟らかく、アジフライのような大きさと形のエビフライもサックリと香ばしく、どちらも具として合格点でした。

 店でもらったチラシによると、1.5キロ(7~8皿分)のカレーをまとめて宅配するサービスがあるとのこと。私ならあれこれ具を変えて、何杯も心ゆくまで食べることでしょう。佐賀県を中心にチェーン展開しているそうですが、あんなにうまいカレーをデリバリーで味わえるなんて、佐賀の人たちは幸せです。