カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密(?)養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

“革新”と捉えよう(ヤチヨ)

幕末牛鍋カレー:パッケージ

 振り返れば、たくさんの“◯◯にちなんだカレー”を食べてきました。
 自衛隊にちなんだカレー、消防隊にちなんだカレー、山口県にちなんだカレー、福之神ビリケンにちなんだカレー、などなど。白樺派にちなんだカレーもありましたね。…くわしくは、上段にあるメニューバーから「製品レビュー」のコーナーをご覧下さい。

 今回試食した「幕末牛鍋カレー」は、“幕末にちなんだカレー”ということになるでしょうか。江戸時代末期に活躍した英傑2人がパッケージにあしらわれているレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

“秘伝”はどこに?(ニッポン放送)

松井家秘伝のカレー:パッケージ

 家庭料理としても親しまれているカレー。全国の各家庭に、「ウチは牛肉しか使わない」とか「隠し味はインスタントコーヒー」などなど、カレーを作る際の“流儀”というか“秘伝”みたいなものがあったりします。
 とは言え、そのような“秘伝”に出合える機会は、意外と少ないものです。

 今回試食したのは「松井家秘伝のカレー」。日米のプロ野球界で活躍した松井秀喜氏の、実家のカレーを再現したというレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

大きな骨付き肉が(福栄組合)

手羽元カレー:パッケージ

 レトルトカレーの中には、骨付き肉がそのまま入っている製品があります。
 今回試食した「手羽元カレー」も、その一種。福岡県の地鶏「はかた地どり」を使った“ご当地カレー”です。
 写真では分かりませんが、この製品は化粧箱の厚さが3.5センチ、通常の2倍近くあります。箱が分厚いのです。骨付きの手羽元肉入っているそうなので、その肉が大きいのでしょう。期待が高まりますね。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

レストランの“主役”は黒酢(鹿児島県霧島市)

黒酢の郷 桷志田:黒酢黒豚夏野菜カレー

 鹿児島県霧島市の福山町を訪れる機会がありました。
 錦江湾に臨む斜面に、ひと抱えほどある黒い壺が何百何千と並ぶ、独特な風景が広がります。黒酢を自然環境で熟成させる、伝統的な“壺畑”です。

 黒酢メーカーの物産館「黒酢の郷 桷志田(かくいだ)」。ここには“日本初”という黒酢レストランがあり、黒酢入りのカレーも食べられます。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

希少部位を気軽に(丸協食産)

漁師まかないカレー:パッケージ

 今回試食したのは「漁師まかないカレー」。
 製品名の「カレー」の部分は本来、「口偏+加」と「口偏+厘」の2文字です。パソコンやインターネットでは使えない、珍しい漢字を充ててあるらしく、このような表現になってしまいました。「伽哩」とかなら良かったのに。

 しかも、レトルトパックが収まっているのは、ダンボール製の立派な化粧箱。このカレーが訴えようとしているらしい野趣や素朴さとは裏腹に、妙な高級感を覚えます。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

“定点観測”の夏(芦北町・水俣市)

味乃なじみ:夏野菜グリーンカレー

 「芦北伽哩街道」のカレーを食べ歩くことで、私の夏が始まります。強い日差しも、セミの鳴き声も、カレーのおいしさを増してくれるスパイスです。

 今回の参加は、芦北町と水俣市の飲食店13店。このうち4店を回りました。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

このページのトップヘ

にほんブログ村 グルメブログへ