カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密(?)養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

“舞妓”的なカレーとは?(丸尾食品)

かれぇどすえ:パッケージ

 いろんな“ご当地カレー”がありますが、大きく“産物系”と“あやかり系”に分けられるのではないかと個人的には考えています。
 “産物系”とは、その土地の名産物・特産物とされる肉や野菜などを、材料に使ったもの。“あやかり系”は、その土地の有名人や景勝地、故事来歴などを、製品のコンセプトに据えたものです。

 今回試食した「かれぇどすえ」は、“あやかり系”に分類されるレトルト製品。パッケージを見れば分かるとおり、京都の舞妓にあやかっていますよね。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

海自艦艇がおいしさ競う(エスプランニング)

GC1グランプリカレー:パッケージ

 「GC1グランプリ」をご存知でしょうか?
 「GC」は「護衛艦カレー」の頭文字。海上自衛隊佐世保地区の艦艇部隊が、自慢のカレーを競うコンテストなのです。…いろんなコンテストがあるものですね。

 今回試食した「GC1グランプリカレー」は、第1回目のコンテストで参加艦艇10隻の頂点に輝いたという、護衛艦「さわぎり」のカレーを再現したレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

「バナマン」って呼ぶの?(九州産商)

宮崎バナナマンゴーCURRY:パッケージ

 温暖な宮崎県では、トロピカルフルーツの栽培が盛ん。当コーナーでは以前、宮崎県の「完熟マンゴーカレー」などを取り上げたことがあります。

 今回食べたカレーには、マンゴーに加えてバナナが。その名も「宮崎バナナマンゴーCURRY」です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

“革新”と捉えよう(ヤチヨ)

幕末牛鍋カレー:パッケージ

 振り返れば、たくさんの“◯◯にちなんだカレー”を食べてきました。
 自衛隊にちなんだカレー、消防隊にちなんだカレー、山口県にちなんだカレー、福之神ビリケンにちなんだカレー、などなど。白樺派にちなんだカレーもありましたね。…くわしくは、上段にあるメニューバーから「製品レビュー」のコーナーをご覧下さい。

 今回試食した「幕末牛鍋カレー」は、“幕末にちなんだカレー”ということになるでしょうか。江戸時代末期に活躍した英傑2人がパッケージにあしらわれているレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

“秘伝”はどこに?(ニッポン放送)

松井家秘伝のカレー:パッケージ

 家庭料理としても親しまれているカレー。全国の各家庭に、「ウチは牛肉しか使わない」とか「隠し味はインスタントコーヒー」などなど、カレーを作る際の“流儀”というか“秘伝”みたいなものがあったりします。
 とは言え、そのような“秘伝”に出合える機会は、意外と少ないものです。

 今回試食したのは「松井家秘伝のカレー」。日米のプロ野球界で活躍した松井秀喜氏の、実家のカレーを再現したというレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

大きな骨付き肉が(福栄組合)

手羽元カレー:パッケージ

 レトルトカレーの中には、骨付き肉がそのまま入っている製品があります。
 今回試食した「手羽元カレー」も、その一種。福岡県の地鶏「はかた地どり」を使った“ご当地カレー”です。
 写真では分かりませんが、この製品は化粧箱の厚さが3.5センチ、通常の2倍近くあります。箱が分厚いのです。骨付きの手羽元肉入っているそうなので、その肉が大きいのでしょう。期待が高まりますね。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

このページのトップヘ

にほんブログ村 グルメブログへ