カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密(?)養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

萌えキャラがPR(ウッド村ファーム)

トマトチキンカレー:パッケージ

 今や全国各地に“ゆるキャラ”や“ご当地ヒーロー”が存在し、PR活動に頑張っています。
 それらのバリエーションのひとつが“ご当地萌えキャラ”。私は知らなかったのですが、それなりに認知が拡がり、盛り上がっているようです。

 今回試食した「トマトチキンカレー」は、千葉県銚子市の農業を“ご当地萌えキャラ”でPRしている「ウッド村ファーム」によるレトルト製品。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

名城の復活を願って(イケダ食品)

熊本城 復興祈念カレー:パッケージ

 2016年の春、熊本県を大地震が襲いました。熊本地震です。
 熊本市や益城町、南阿蘇村などには、甚大な被害が。日本三大名城に挙げられる熊本城も、石垣などが広範囲で崩壊してしまいました。

 今回試食した「熊本城 復興祈念カレー」は、そんな熊本城のために売り出されたレトルト製品。売り上げの一部が、修復・再建の支援金となるそうです。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

骨までおいしい(熊本県海水養殖漁業協同組合)

天草ぶり フィッシュヘッドカレー:パッケージ

 シンガポールの名物料理とされるフィッシュヘッドカレー。
 何年も昔のことになりますが、私もシンガポールで舌鼓を打ったものです。その味を家庭で再現しようと試みたこともあります。

 今回試食したのは「天草ぶり フィッシュヘッドカレー」。本場ではタイが一般的らしいのですが、本製品はブリの頭を使っているそうです。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

“舞妓”的なカレーとは?(丸尾食品)

かれぇどすえ:パッケージ

 いろんな“ご当地カレー”がありますが、大きく“産物系”と“あやかり系”に分けられるのではないかと個人的には考えています。
 “産物系”とは、その土地の名産物・特産物とされる肉や野菜などを、材料に使ったもの。“あやかり系”は、その土地の有名人や景勝地、故事来歴などを、製品のコンセプトに据えたものです。

 今回試食した「かれぇどすえ」は、“あやかり系”に分類されるレトルト製品。パッケージを見れば分かるとおり、京都の舞妓にあやかっていますよね。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

海自艦艇がおいしさ競う(エスプランニング)

GC1グランプリカレー:パッケージ

 「GC1グランプリ」をご存知でしょうか?
 「GC」は「護衛艦カレー」の頭文字。海上自衛隊佐世保地区の艦艇部隊が、自慢のカレーを競うコンテストなのです。…いろんなコンテストがあるものですね。

 今回試食した「GC1グランプリカレー」は、第1回目のコンテストで参加艦艇10隻の頂点に輝いたという、護衛艦「さわぎり」のカレーを再現したレトルト製品です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

「バナマン」って呼ぶの?(九州産商)

宮崎バナナマンゴーCURRY:パッケージ

 温暖な宮崎県では、トロピカルフルーツの栽培が盛ん。当コーナーでは以前、宮崎県の「完熟マンゴーカレー」などを取り上げたことがあります。

 今回食べたカレーには、マンゴーに加えてバナナが。その名も「宮崎バナナマンゴーCURRY」です。⇒ 続きを読む
   
HOME(カレーの穴)

このページのトップヘ

にほんブログ村 グルメブログへ