九州・沖縄試食の穴

HIGASHI 男子校カレー

HIGASHI 男子校カレー:パッケージ

 男子校のイメージ、一般的にはどのようなものでしょう?
 汗くさい? ガサツ? リビドー充満? 不潔? …高校が男子校だった私には、言われるほどプリミティブではなかったように思えます。ムサい雰囲気は、確かにありましたが。

 今回試食したのは、その名も「HIGASHI 男子校カレー」。福岡県福岡市にある男子校「東福岡高等学校」にちなんだレトルト製品です。

 パッケージには「努力に勝る天才なし/意志あるところ道あり」と謳われており、調べてみたところ同校の校訓でした。裏面には校舎の空撮が載っており、紹介文には「文武両道の男子進学校」。何とも男子校っぽいですね。

スポンサーリンク

ボリュームに“らしさ”あり

 1食220グラムと、やや多めです。
 販売はTVQ九州放送。以前に試食した「ラ・サール学園カレー」「早稲田佐賀 八太郎館カレー」に連なる、シリーズ的な製品と見られます。

 温めてご飯にかけたカレーは、茶褐色で、強めの粘度。ゴロゴロとした具材は、大きさ2~3センチのジャガイモが3個、1~2センチのニンジンが2個、タマネギのカケラ。それに鶏肉らしい2センチ前後の小塊が2個、確認できました。

HIGASHI 男子校カレー:実物&パッケージ裏面

 作りは洋食風で、強い旨味で食べさせるカレーです。スパイスのホットな刺激は、辛口に近いでしょう。
 乱切りのジャガイモや、「はかた地どり使用」という鶏肉の噛み応えが、ボリュームにつながっています。ご飯との相性も良く、「食った!」との満足感がありました。

 どのあたりが“男子校”なのか、関連性には疑問も残りますが。
 毎日毎時間が空腹だった自分の高校時代を思えば、このボリューム満点のカレーには、少なくとも“らしさ”があると言えそうです。

タイトルとURLをコピーしました