探訪の穴熊本県内

和カレー:あか牛和カレー

和カレー:あか牛和カレー

 和風だしのカレー、嫌いではありません。むしろ大好きです。
 スパイスで勝負するカレーも、ブイヨンを駆使しているカレーも、もちろん好きではありますが。和風だしのカレーには、おいしさを自然体で素直に楽しめる、“安心感”というか“信頼感”のようなものを覚えます。

 今回訪れたのは「和(なごみ)カレー」。和風だしを前面に打ち出している、ちょっと珍しいカレー専門店です。

 熊本市中央区桜町にある複合商業施設「SAKURAMACHI Kumamoto(サクラマチクマモト)」の地下1階、フードコートに出店しています。
 店舗の脇に掲示されている、「至高のだし」のパネルが目を引きます。厳選された鰹節や昆布、煮干しなどが入っているというだしパック製品で、これがカレーに活用されているそうです。

スポンサーリンク

甘じょっぱいおいしさ

 メニューは「あか牛和だしカレー」「三元豚ロースカツ和だしカレー」の2種類。だしを味わうべく、シンプルそうな前者を注文してみました。

 カウンターで受け取ったカレーは、焦茶色でポタージュ状。魚粉のような粉末がかかっています。学食のカレーを思わせる、シンプルなビジュアルです。具材は、クタクタに軟らかいタマネギと、牛肉らしい細片が少々、確認できました。

和カレー:店舗&「至高のだし」パネル

 マイルドなビーフカレーです。すき焼きやみたらし団子にも通じる、甘じょっぱい味わいが印象的。魚介系の風味が、後味に香ります。スパイスの刺激は控えめで、甘口に近いでしょう。ちなみに店舗には、辛さを増強させる粉末スパイスが、セルフサービスで配置してありました。
 熊本県の名産「あか牛」が入っているとのことですが、食べ応えよりも、だしの方に貢献している模様。肉から出た旨味を、カレーの甘じょっぱさが引き立てているようでした。

 蕎麦屋で食べる、つゆを利かせたカレーにも似ています。と言うことは、きっと蕎麦やうどんにも合うでしょうね。ご飯だけではもったいないなぁ…。
 

タイトルとURLをコピーしました