独自の世界

「あしたのジョー」から製品化【丹下拳闘クラブ特製カレー】

現在の10代や20代でも、マンガ史上に輝く名作「あしたのジョー」(原作・高森朝雄、作画・ちばてつや)を知らない人は少ないでしょう。私はアニメーションで知った世代ですが、ボクシングに我が身を燃やす野生児... 【続きを読む】
自作の穴

スリランカ風ポークカレーのレシピ

スリランカの作り方をアレンジ。簡単な手順で、なかなかにスパイシーなポークカレーが出来上がります。 肉をもみ込むのがコツ 材料分量(約4皿分) 豚肉…300グラム(バラ肉ブロック)。ニンニク…3片。ショ... 【続きを読む】
冒険の穴

伝説の「ウエディングカレー」とは!?

「カレーの穴」は1999年夏に大幅リニューアルを敢行。それまでは無為無策にして無謀な、カレーを冒涜するようなバカ企画を次々と展開していたのですが、アクセス増加を受けて「これからは広く一般に読まれる内容... 【続きを読む】
スポンサーリンク
独自の世界

“美白“普及への強い意志【その子 白いカレー】

世紀末の国内美容界を席巻した“美白”ブーム。何でも白ければ良いというものでもないでしょうが、皮膚ガンの一歩手前まで来ていた一部女性の美的感覚を反対方向に引き戻した点は、私も評価しています。  ブームと... 【続きを読む】
自作の穴

天竺堂風ポークカレーのレシピ

材料も手間も極力シンプルになるよう“実験”を重ねて完成したポークカレーです。それでも、複雑な味わいになってしまうのが不思議。 シンプルでも味わい複雑 材料分量(約4皿分) 豚肉…300グラム。ジャガイ... 【続きを読む】
九州・沖縄

デパ地下で限定販売【和田門のテイクアウトカレー】

カレーの決め手はスパイスにあるのでしょうが、欧風に限れば肉だと思います。肉の旨味が凝縮されたダシ、脂の滋味あふれる軟らかい肉塊…これが欧風カレーの真骨頂です(珍しく断言)。 とすると、カレー専門店より... 【続きを読む】
九州・沖縄

「佐賀県で一番」の評判【Shirayama文雅:ビーフカレー】

「探訪の穴」での食べ歩きの裏には、訪れながら紹介しなかった店も数多く存在します。理由は主にふたつ。味やサービスなどに難点があって紹介を控えた場合と、たまたま店が閉まっていた場合。前者は身を以て評価した... 【続きを読む】
独自の世界

手を伸ばしてしまうパッケージ【ボンカレーパン】

世にレトルトカレー数あれど、定番を問うならば、きっと100人中90人以上が大塚食品の「ボンカレー」と答えることでしょう。数字に根拠はないものの、私のみならず「そうかもしれない」と誰もがうなずくはず。優... 【続きを読む】
交歓の穴

「カレー川柳」傑作選 その2

カレーをめぐる悲喜こもごもを5・7・5でつづる「カレー川柳」企画の第2弾です。4月14日から5月15日までの1カ月間に募集したところ、全国から49件の応募がありました。懸賞サイトの老舗「とくとくページ... 【続きを読む】
北海道

北海道の巨大海獣を缶詰に【トドカレー】

ゼブラの万年筆にシマウマの毛皮は使われていませんし、ブルドッグのソースに犬のエキスなど入ってはいません。これらは動物の名前を冠することで、製品の持つ躍動感や勇ましいイメージを表しているのです。  それ... 【続きを読む】
自作の穴

インド風チキンカレーのレシピ

“カレー大王”として知られるジャーナリスト・森枝卓士氏によるレシピを、少々アレンジしたチキンカレーです。  水を使わないレシピで、圧力鍋での調理に向いています。通常の鍋で作る場合は、必要に応じて適量の... 【続きを読む】
スポンサーリンク