国内全般試食の穴

BEEF JERKY CURRY

BEEF JERKY CURRY:パッケージ

 ビーフジャーキーの「テング」。
 数あるビーフジャーキー製品の中でも、国内では定番とされています。赤い天狗の顔が、ブランドの目印です。

 今回試食した「BEEF JERKY CURRY」は、その「テング」のブランドから出ているレトルトカレーです。

 パッケージ裏面に「※ビーフジャーキーは細かく砕いて使用しています。」と書いてあります。破片か何かが入っているのでしょうか?

スポンサーリンク

ミンチ肉とは別次元

 販売は、ビーフジャーキーのメーカーである「鈴商」。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、暗めの黄土色。ネットリとして重めです。焦茶色の微細な粒が、カレー全体に散っているのが特徴的。大きさ1~3センチほどのジャガイモが3個と、1センチ前後のニンジン数個が確認できました。

BEEF JERKY CURRY:実物&パッケージ裏面

 濃厚なビーフカレーです。牛肉の強い旨味が、ご飯に合っています。スパイスの刺激は、中辛程度と思われます。
 焦茶色の粒は、ビーフジャーキーが煮溶けた“破片”でした。強い旨味の元はこれ。ミンチ肉などとは別次元の、濃厚な風味が感じられました。

 ビーフジャーキーのおいしさが、よく活かされていました。そのままでは具材として硬すぎるので、細かくしたものを煮溶かすのが正解でしょうね。

タイトルとURLをコピーしました