九州・沖縄試食の穴

関あじ関さばカレー(関あじ)

関あじ関さばカレー(関あじ):パッケージ

 大分県が誇るブランド魚「関あじ」と「関さば」。
 大分市の佐賀関沖で一本釣りされたアジとサバが、このブランドを名乗れます。大衆魚としては破格の値で取り引きされるとか。

 このブランド魚をレトルトカレーに仕立てたのが「関あじ関さばカレー」です。アジとサバの2種類があり、前者を食べました。

 パッケージの裏に「じっくり煮込み/コクのある/味わい深いカレーに/仕上げました。」と書いてあります。小骨が多いアジですが、どのように煮込んであるのでしょうか?

スポンサーリンク

カレーの中にアジが充満

 製造は大分市の富士見水産。1食200グラムです。

 温めてご飯にかけたカレーは、明るめのブラウン。その中に、スパイスのような黒っぽい粒子が散見されます。ゆるいトロみがあります。大きさ1センチ前後のニンジンとジャガイモが、数個ずつコロコロと入っていました。

関あじ関さばカレー(関あじ):実物&パッケージ裏

 カレーの作りは洋食風。アジが丸ごと煮込まれているらしく、風味や旨味が強く感じられます。肉がもたらすような“ドッカリ感”はないけれど、実に濃厚です。カレーの中にアジが充満している…そんな印象を受けました。スパイスの刺激は中辛程度と見られます。
 身も骨もほとんど煮溶けているものの、わずかな溶け残りが舌先にザラリと触ります。黒い粒子の正体はアジだったのです。

 姿は無いのに、アジの存在感は十二分にあるという、印象深いカレーでした。
 こうなると「関さば」の方も気になりますね。食べ比べてみたいなぁ…。

タイトルとURLをコピーしました