中国・四国試食の穴

じゃこ天カレー

じゃこ天カレー:パッケージ

 愛媛県の郷土料理「じゃこ天」。
 小魚のすり身を揚げた、練り物食品です。惣菜や酒肴のほか、うどんなどのトッピングにもされるとか。

 今回試食したのは「じゃこ天カレー」。文字どおり、じゃこ天入りのレトルトカレーです。

 パッケージの裏面を見ると、じゃこ天を紹介する文章が載っています。それによると、当地では小魚のことを「じゃこ」と呼ぶそうで、これは「ざこ」がなまった言い方なのかもしれません。

スポンサーリンク

魚介の風味が利いている

 東京・新宿区にあるエムアイフードスタイルの製造。愛媛じゃないんですね。1食200グラムです。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃厚そうなブラウン。トロみは重めです。長さ6~8センチ、幅約2センチの細長い具材が3切れほど入っており、これらがじゃこ天と見られます。本来のじゃこ天は長方形なので、細切りにしてあるようです。もっと小さな切れ端も入っている模様。

じゃこ天カレー:実物&パッケージ裏

 洋食風のカレーです。じゃこ天から出ているらしい、魚介の風味が利いています。スパイスはあまり香らないけれど、刺激は表示の「中辛」程度はありそう。
 細切りのじゃこ天は、カマボコを軟らかくしたような食感。スポンジっぽい弾力があります。じゃこ天自体の味わいは淡白で、旨味はカレーに移ってしまったのでしょう。

 トッピングで使う方が、じゃこ天の特徴は活かせるように思えます。カレーと一緒に煮込む方が、レトルト製品としては作りやすいのでしょうけど…。

タイトルとURLをコピーしました