探訪の穴熊本県内

こもく商店:スペアリブのポークビンダルー&えびカレー

こもく商店:スペアリブのポークビンダルー&えびカレー

 こもくたろうさんのカレー屋がオープンしたので、食べに行きました。
 熊本のタウン情報誌の編集者だった人物で、退職後、熊本市内で試験的・限定的なスタイルのカレー屋を運営していました。そのこもくさんが本格的に店舗を構えたと聞き、いそいそと訪れた次第です。

 店名は「こもく商店」。ちなみに、こもくたろうは一種のペンネームらしいのですが、由来は分かりません。

 熊本県の中央部、宇城市不知火町御領の県道14号(旧国道3号)沿いにある路面店です。
 看板が出ているけれど、店外に駐められている黄色いキッチンカーも目印になりそう。イベントなどに出店する計画があるそうです。

スポンサーリンク

コントラストが面白い

 店内はカウンター5席、4人がけのテーブル4卓、2人がけが1卓。かつて喫茶店かスナックだったと思われる物件です。ガラス製の食器棚や、レンガ風の壁紙などに、どこか“昭和”の香りが。
 奥にはアップライトピアノが鎮座。本棚もあったので、並んでいる背表紙に見入ってしまいました。他人の読書傾向が気になる性分なのです。

 現時点では、メニューは固定されていない模様。ボードに手書きされています。
 この日のカレーは「スペアリブのポークビンダルー」と「えびカレー」の2種。両方食べたい私は、あいがけを注文しました。

こもく商店:店舗&本棚

 やがてカレーが到着。紡錘形に盛られたサフランライスの両側に、ポークビンダルーとえびカレーが注いであります。前者には豚肉の小塊が、後者には剥きエビ3匹が入っていて、目を引きます。アチャールらしい野菜類の付け合せも数種類。

 ポークビンダルーは、酸味が利いてさっぱりとした味わい。肉の旨味も手伝って、ご飯が進みます。油脂に溶けている、シナモンなどスパイスの刺激も印象的でした。
 えびカレーは、中華スープみたいな優しいあっさり味です。タイ風かと思いきや、私には未知のカレー。エビのポーションが大きく、食べ応えがありました。
 刺激の強いカレーと、ほとんど刺激のないカレーと…双方のコントラストを面白がっていたところ、いつの間にか平らげていました。

 店内で立ち働いているこもくさんは、忙しそうではあるけれど、実に楽しそう。
 タウン誌編集で培われた知識やセンス、アイデアなどが、これからカレーに活かされていくことでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました