国内全般試食の穴

BALMUDA The Curry

BALMUDA The Curry:パッケージ

 異色の家電メーカー「バルミューダ」。
 扇風機やオーブントースターなど、製品群はどれも特徴的で、リリースされるたびに評判を呼んでいます。…いささか高価すぎて、なかなか手が届きませんが。

 今回試食した「BALMUDA The Curry」は、バルミューダが販売しているレトルト製品。家電などに比べれば、私ごときにも手が出せる価格ではあります。決して安くはないけれど。

 白い化粧箱は、通常のレトルトカレーの箱より小ぶりですが、厚みがあります。中には、レトルトパックと、3つ折りのリーフレットが入っていました。
 リーフレットによると、本品はカレーの名店「デリー」が開発したもので、バルミューダの炊飯器で炊いたご飯が合うとのこと。カレーはソースだけなので、自前で調達した具材を合わせ、調理しなければなりません。

スポンサーリンク

「辛い」と思っているうちに…

 製造はデリー、販売はバルミューダ。1パック2人分で350グラムです。

 レトルトパックに入っていたカレーソースは、ツヤやかなチョコレートブラウン。サラサラのスープ状です。リーフレットのレシピに従い、鶏肉とジャガイモに火を通し、ソースに合わせました。

BALMUDA The Curry:実物&リーフレット

 スパイシーなチキンカレー(鶏肉を入れたので)です。口当たりは軽いけれど、強い旨味と深いコクがあります。キリッとした刺激に続き、ホットな辛味が口中に拡大。額に汗がにじみ、顔面の毛穴が開いていくのが分かります。
 なかなかの辛口ですが、食欲が刺激されているのか、スプーンが止まることはありません。「辛い辛い」と思っているうちに、いつの間にか完食していました。

 デリーの傑作・カシミールカレーに似ている感じ。どこかが異なっているのか、ほぼ同じなのか…そのあたりは分からなかったけれど、ご飯をおいしく食べさせてくれることは確かです。おいしく炊けたご飯であれば、なおさらにおいしいでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました