試食の穴関東地方

葉山牛カレー

葉山牛カレー:パッケージ

 神奈川県の葉山。…どこかハイソなイメージのある地域ですね。
 皇室の別荘・葉山御用邸で知られますが。著名人の邸宅や別荘なども数多く建っているそうです。

 今回試食したのは「葉山牛カレー」。葉山のブランド牛が使われているレトルト製品です。

スポンサーリンク

ボリューム感より高級感

 黒毛和種の葉山牛は、優れた肉質を誇る高級品とのこと。パッケージ裏面の説明文には「世界に誇る」などと書いてあり、生産者の自信がうかがえます。
 レトルトカレーも高価で、値段は一般的な製品の3倍以上。パッケージの商品名はゴールドの箔押しですが、スキャン画像では光沢がうまく再現されず、惜しい結果になってしまいました。

 販売は横須賀市の調味商事。1食210グラム。

葉山牛カレー:実物&パッケージ裏面

 温めてご飯にかけたカレーは、深みのあるブラウンで、ポタージュ状のトロみ。カレーの表面が、油脂に覆われて光っています。牛肉と見られる、大きさ1~3センチほどの小塊が3個ほど。薄切りのマッシュルームも数切れ入っているようです。

 本格的な欧風カレーです。なめらかで上品な口当たり。マイルドな味わいはバランスが良く、バターやチーズに通じるミルキーな風味が印象的。スパイスの刺激は、中辛よりやや弱めでしょう。
 牛肉自体はイマイチ少なかったものの、なかなかに風味豊か。舌先でホロリと崩れる肉の中に、サシの存在が感じられました。

 レトルトカレーとしては高価な部類に入るので、大きめの肉塊などを期待していたのですが。
 どうやら、この製品ではボリューム感よりも高級感が打ち出されている模様。そんなところが“葉山らしさ”なのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました