龍馬(軍鶏)カレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

龍馬(軍鶏)カレー

龍馬(軍鶏)カレー:パッケージ

好物にちなむ(四国健商)

 “ご当地カレー”には数々の醍醐味があるのですが、中でも“ちなみ”が面白いと個人的には思っています。
 レトルトカレーという製品を、当地の名所や名物などに関連付ける、その理由です。しっくりとハマっていて納得できるものもあれば、いささか無理筋なこじつけもあって、なかなかに興味深い。

 今回試食したのは「龍馬(軍鶏)カレー」。高知県の“ご当地カレー”なのですが、どのような“ちなみ”があるのでしょうか?

 パッケージの隅に、小さな文字で「龍馬に愛され、暗殺される前に買いに行かせたとされる軍鶏をカレーにしました」と書いてあります。坂本龍馬の好物にちなんだカレーなのです。
 軍鶏(シャモ)は高知県の名物。カレー製品を作る際、県出身の偉人も絡めてしまった訳ですね。

 販売は高知市の四国健商。1食200グラム。

龍馬(軍鶏)カレー:実物&パッケージ裏面

 温めてご飯にかけたカレーは、落ち着いたブラウン。ユルいトロみがついています。表面が光っていますが、これは油脂ではなく、デンプン由来と思われます。シャモと思われる鶏肉と、タマネギなどが、ミゾレ状になって溶け込んでいます。鶏肉は大きさ1~3センチほどの小塊も数個ありました。

 欧風の作りです。旨味の強い、濃厚な味わいが特徴的。1さじ分のカレーで、3さじ分ほどのご飯が食べられそう。人によっては“クドい”とさえ感じるかも知れません。スパイスの刺激は中辛程度でしょう。
 肉の小塊は、シャモだけあって繊維質が密集し、“詰まっている”印象。ではあるものの、ポーションは小さく、カレーが濃すぎることもあって、存在感はイマイチでした。

 パッケージ裏面には、龍馬が暗殺される5日前に書いた書簡に「新国家」との文言が入っていたという説明が、龍馬の筆跡と一緒に掲載されています。
 新国家を夢見ていた龍馬が、シャモを待っていて油断し、殺されてしまったのだとすれば…何とも罪深い食材ですね、シャモは。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪