愛媛のうまカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

愛媛のうまカレー

愛媛のうまカレー:パッケージ

「うま」だけど豚肉入り(ビージョイ)

 この「うまカレー」という名称。おおむね「馬肉入りのカレー」か「“うまか(うまい)”カレー」のどちらかを指すものでしょう。
 多くの人たちがどちらを想起するのかは分かりませんが、パッと見た時、私は馬肉入りと思ってしまいました。実際は豚肉だったのですが。

 今回試食した「愛媛のうまカレー」。パッケージをちゃんと見れば、大きく「豚」と載っていますね。

 このレトルトカレーに入っているのは、愛媛県のブランド豚「甘とろ豚」とのこと。県産の裸麦を食べさせた豚で、軟らかな肉質や、口溶けの良い脂身などを特長としているそうです。
 パッケージの裏面には、愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」が。“ご当地カレー”として売り出されていることが分かります。

 販売は松山市のビージョイ。1食200グラム。

愛媛のうまカレー:実物&みきゃん

 温めてご飯にかけたカレーは、オレンジがかったブラウン。ゆるやかなトロみがあります。コロコロと入っている具材は、3センチ前後のジャガイモが2個、1~2センチ程度のニンジンが数個、そして大きさ2~4センチの薄切り肉が3枚、確認できました。

 旨味の強いポークカレーです。なめらかな口当たりで、甘味が利いており、豚肉の味わいを高めています。スパイスの刺激はおだやかで、遅れてヒリリと感じられる程度。
 “主役”の豚肉は、噛めばそれなりにおいしいけれど、食べ応えはイマイチ。とは言え、カレー全体に“豚肉感”が行き渡っているようで、物足りなさを覚えることはありませんでした。

 ご飯を進ませるカレーですし、「うまカレー」と言えなくもないものの。やはり、この名称は再考してほしいですね。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪