カレーみそ | カレーの穴 curry-no-ana.com

カレーみそ

かれーみそ:パッケージ

食欲刺激する“ブースト”が(酢屋亀本店)

 日本料理の基本的な調味料のひとつに挙げられる“味噌”。
 近年は出番が減りつつあるとも言われますが、味噌汁などに親しみを覚える人は、まだまだ多いでしょう。

 今回試食したのは「カレーみそ」。その名のとおり、カレーと味噌が合わさったものらしいのですが…カレー味の味噌なのか? 味噌味のカレーなのか?

 付属のリーフレットによると、七味唐辛子を焙煎技術に活かしたという「七味ガラムマサラ」を使用。原材料として、唐辛子とクミン、コリアンダー、ブラックペパー、クローブ、シナモン、そして陳皮が挙げられています。

 製造は長野県長野市の酢屋亀本店。透明のビニールパックに入っており、内容量120グラムです。

カレーみそ:現物&リーフレット

 スクリューキャップを開けると、ペースト状の中身がニュルリ。焦茶色と黄土色の中間のような色合いです。具材らしき内容物は見当たりません。

 ペーストを少し食べてみます。甘味と塩味、そして旨味が混じり合った、日本人好みの甘辛い濃厚な味わいです。スパイスもしっかりと利いており、ホットな刺激の中に、クミンやクローブの風味が。味噌製品ではあるけれど、カレーとしての主張も見られます。
 お次は、ご飯と一緒に食べました。肉味噌や海苔佃煮に通じるおいしさがあり、ご飯が進む進む。カレー味が“ブースト”として作用し、より食欲を刺激してくれる印象でした。

 汁物のみならず、味噌はいろんな料理に使えます。
 このカレーみそも、うどんやパスタなどの麺類などに応用できる模様。個人的には、焼きそばを作ってみたくなりました。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪