九州・沖縄

九州・沖縄

漁師まかないカレー

 今回試食したのは「漁師まかないカレー」。  製品名の「カレー」の部分は本来、「口偏+加」と「口偏+厘」の2文字です。パソコンやインターネットでは使えない、珍しい漢字を充ててあるらしく、こ... 【続きを読む】
九州・沖縄

スパイシー オリーブカレー

 カレーの大きな特徴のひとつに、さまざまな素材を“主役”に据えられる点が挙げられます。だからこそ、全国各地で、地元の特産物を活かした“ご当地カレー”が作られているのです。  今回試食し... 【続きを読む】
九州・沖縄

椎茸屋が作ったキーマカレー

 マッシュルームは挽肉に合います。刻んだものを、キーマカレーに入れたり、パスタ向けのミートソースに使ったり。 「ならばシイタケもイケるのでは?」と考える人がいても、不思議ではありませんよね。... 【続きを読む】
スポンサーリンク
九州・沖縄

印度カレー:インデアンカレー

 JR博多駅は、福岡市の玄関口であるだけでなく、九州の玄関口とも言えるでしょう。鉄道駅としても商業施設としても、九州では最大規模。大勢の人々が出入りする、交通の要衝なのです。  今回... 【続きを読む】
九州・沖縄

博多あかちょこべ:元祖キーマカレーうどん

 カレーうどんは、カレーを活かした麺類の筆頭格。  うどん店でメニューをながめると、品書きの後方あたりに載っています。カレー南蛮(蕎麦)やカレースパゲッティなどに比べ、普及の度合いが高いと... 【続きを読む】
九州・沖縄

鹿屋海軍航空カレー

 日本においてカレーは、軍隊を通じて普及したとされます。そのエピソードを活かし、横浜や横須賀などでは“ご当地カレー”が考案され、人気を博していますね。  今回試食した「鹿屋海軍航空カ... 【続きを読む】
九州・沖縄

とんこつベースの霧島神話豚カレー

 鹿児島県の黒豚は、正しくは「かごしま黒豚」と呼ぶそうです。他の地域にも、黒豚を謳うブランドが存在するからでしょうか。  今回試食した「とんこつベースの霧島神話豚カレー」は、銘柄豚「... 【続きを読む】
九州・沖縄

門司港 焼きカレー

 温めてご飯にかけるだけ…そんな手軽さが、レトルトカレーの大きな魅力のひとつです。  一方、あえて手軽さを犠牲にし、理想のカレーを“表現”しようとするレトルト製品もあります。  今回... 【続きを読む】
九州・沖縄

上場亭カレー

 出演している俳優が同じでも、演出などが異なれば、発揮される魅力が大きく変わる場合があります。  映画しかり、演劇しかり、TVドラマしかり…。実はカレーもそうなのかも知れません。  ... 【続きを読む】
九州・沖縄

佐賀牛カレー

 数あるレトルトカレーの中でも、銘柄牛を使った製品を食べる時には、心が踊ります。カレーが大好きなので、どんな製品でもそれなりに心は踊るのですが、銘柄牛のカレーでは特に浮き立つものを覚えるの... 【続きを読む】
九州・沖縄

善米食堂:二食カレー

 カレーやパエリアなどに使われるスパイス「サフラン」は、花のメシベを乾燥させたもの。1グラムを収穫するのに160輪もの花が必要とされるそうで、高価なことでも知られています。 大分県の竹田市は... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました