海外全般試食の穴

タイの台所

タイの台所

 無性にカレーが食べたくなることはしょっちゅう。料理する手間も惜しい時は、コンビニやスーパーへ走り、レトルトカレーを物色することになります。

 ところが、意外と手に入りにくいのがタイカレーのレトルト製品。インドカリー系は見かけることもあるのですが、タイ系は少数派。たまに棚に並べられてはいるものの、スタンダードにはなっていない。基本的に生のスパイスを使うため、レトルトに向かないのかもしれませんが、そんなところにこそ製品化のチャンスがあるのでは…?

 悶々と考えたりして、ついでにタイカレーが食べたくなっていたところ、タイ料理を広く紹介している「アライドコーポレーション」から、幸運にもレトルト製品をいただきました。「タイの台所」というシリーズで、「グリーン」「レッド」「イエロー」の3種が揃っています。

スポンサーリンク

緑・赤・黄をレトルトで

 いずれも鶏肉が使われています。一度に食べ比べてみました。
 まず、グリーン。最も辛く、シャープな刺激に食が進みます。わずかながらフクロタケなども入っていて、なかなか本格的。
 次にレッド。コッテリしていて、ホットな辛さ。具材はグリーンとほぼ同じですが、鶏肉の旨味が一番出ていると思います。
 最後にイエロー。ジャガイモがゴロリと入り、比較的マイルドな味わい。スープカレーに近く、親しみやすい印象でした。

 3種3様のおいしさが楽しめました。タイカレーは元来、完成度が高い料理で、レトルトながらレストランの味わいに迫るレベルに達していると思います。侮れませんね。

タイトルとURLをコピーしました