見た目は辛口、味は甘口! バーロチキンカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

見た目は辛口、味は甘口! バーロチキンカレー

ギャップの効果で(アイアップ)

見た目は辛口、味は甘口! バーロチキンカレー:パッケージ
人気マンガ「名探偵コナン」。
主人公の江戸川コナンは、高校生探偵だった工藤新一が、ある事件によって幼児になった存在です。そのため「見た目は子供、頭脳は大人」などと謳われています。

それにちなんだ(?)レトルトカレーが、今回試食した「見た目は辛口、味は甘口! バーロチキンカレー」。名前どおりの製品です。

ちなみに「バーロ」は、コナンの口癖とのこと。「馬鹿野郎」の短縮形ですね。カレーの名前に持ってきた理由は分かりませんが。

販売はアイアップ。1食200グラム。

温めてご飯にかけたカレーは、ドロリとしていて粘度は高め。基調色はブラウンですが、全体がオレンジ色の油脂に覆われている様子は、灼熱のマグマさながら。確かに辛そうな見た目ですね。大きさ1~3センチほどの、チキンらしい肉がコロコロと入っています。

見た目は辛口、味は甘口! バーロチキンカレー:実物&パッケージ裏
マイルドなチキンカレーです。強い旨味と、油脂のオレンジ色は、トマト由来と見られます。穏やかな甘味や酸味、それにクリーミーな食感が相まって、万人向けの食べやすさに仕上がっています。スパイスの刺激は弱いものの、時間をおいてかすかに利いてくるのが分かりました。
チキンは煮崩れていてホロホロ。結構たくさん入っており、ボリューム感がありました。

キワモノと思いきや、意外とイケる。おいしく食べられました。
見た目と実際のギャップが、ポジティブな効果をもたらしているのかも知れません。文字どおり“コナン的”なカレーと言えそうです。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪