潜水艦せとしおカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

潜水艦せとしおカレー

海中で食べる味わい?(ヤチヨ)

潜水艦せとしおカレー:パッケージ
 海上自衛隊の艦艇で食べられているカレーを製品化したという「横須賀海上自衛隊(海自)カレー」シリーズ。艦艇それぞれの個性がカレーに表れているようで、なかなかに興味深いものがあります。

 今回試食したのは「潜水艦せとしおカレー」。海中を航行する艦内でカレーが作られ、乗組員に食べられているところを想像してみると、何だか面白いですね。


 パッケージの裏面に、神奈川県横須賀市にある「LAUNA」というレストランが紹介されています。「せとしお」のカレーがこの店で提供されており、それをレトルト製品化したものが本品ということです。

 販売は横須賀市のヤチヨ。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、茶褐色で、高めの粘度。大きさ3~4センチのジャガイモが3個と、1センチ角ほどのニンジンが数個見えます。この他、鶏肉らしい具材が、煮崩れた状態でたくさん入っている模様。

潜水艦せとしおカレー:実物&店舗紹介
 旨味が強い、洋食風のチキンカレーです。モッタリと重い食感は、小麦粉によるものでしょう。特徴的なのはショウガで、ひと口食べると、独特の香りが鼻腔へ。ホットな刺激も利いていて、身体の奥からジンワリと熱くなってきます。カレーの表面に見える毛羽立ったものは、どうやらショウガの繊維質らしく、多量に使われていることがうかがえます。
 主役はショウガかと思いきや、鶏肉も多い。身はほぐれているものの、なかなかにボリューミー。しっかりとした食べ応えがありました。

 ショウガの効果か、食後は全身がポカポカに。冷たい冷たい海の中では、やはり身体を温める食事でなければ…などと関連付けたくなるほどに、ショウガの印象が強いカレーでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪