ダイヤモンドカリー | カレーの穴 curry-no-ana.com

ダイヤモンドカリー

輝く油脂がブリリアント(味の坊)

ダイヤモンドカリー:パッケージ
 2018年の“初カレー”がこれ。
 新春にふさわしいカレーということで選んでみました。パッケージから受ける印象によるものですけど。

 その名も「ダイヤモンドカリー」。大阪市にある同名店のレシピを基にしたレトルト製品です。


 店舗の方は「まぜカレー」「あんかけパスタ」などで知られる、大衆向けのカレースタンド。一方、こちらのシンプルなパッケージには、何とも上品で高級そうな雰囲気が。

 販売は大阪市の「味の坊」。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、深い焦茶色。表面を覆っている油脂の輝きがブリリアントに思えなくもありません。肉などの固形分が多そうではありますが、見ただけでは具材の判別が難しい。

ダイヤモンドカリー:実物&説明文
 濃厚なビーフカレーです。強い旨味が、甘味や苦味とともに分厚く重なっている感じ。ひとさじ分のカレーで、ひと皿分のご飯が食べられそうな気がします。意外と粘度は低く、味わいもマイルド。カルダモンの風味が特徴的で、ホットな刺激が後からジンワリ利いてきます。
 確認できた具材は牛肉のみ。量は多いけれど、煮崩れてカケラになっています。肉自体に食べ応えはありませんが、カレーの旨味を補完、全体のおいしさに貢献していました。

 上品で高級そうに見えたけれど、食べてみると、店舗同様に庶民的。いささか大げさなネーミングのセンスも含め、どことなく“大阪”を感じさせる、そんなカレーでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪