特製 津山ホルモンカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

特製 津山ホルモンカレー

噛むほどに肉の旨味が
特製 津山ホルモンカレー:パッケージ

 岡山県津山市には「津山ホルモンうどん」というB級グルメがあり、地域を挙げて普及が図られているそうです。
 私は食べたことがないのですが、牛ホルモンを入れた焼きうどんみたいなシロモノらしい。ビールが進むでしょうね。

 このB級グルメを応用したレトルト製品が、今回試食した「特製 津山ホルモンカレー」です。


 うどん自体はレトルト製品にすることが難しい。地域外への土産物として売るための“カレー化”と思われます。

 販売は津山市のタナベ。1食200グラム。

特製 津山ホルモンカレー:実物
 温めてご飯にかけたカレーは、暗めのブラウン。ユルいトロみがあります。ホルモンと見られる、2~3センチ四方ほどの四角い肉片を、大小7切れ確認しました。

 カレーは欧風の作り。フルーティーな甘味が利いており、全体的にマイルド。スパイスの刺激は、中辛よりやや弱めでしょうか。
 “主役”のホルモンが、なかなかのおいしさ。簡単に噛み切れる軟らかさがあります。噛むほどに肉の旨味が出てくるので、ずっと噛み続けていたかった。

 ホルモンの魅力がよく分かるカレー。うどんの方も食べてみたくなりました。
 パッケージによると「岡山県産ホルモン30%使用」。こう書いてあると、残る70%のホルモンがどこ産なのか、かえって気になってしまいますね。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪