カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

カテゴリー ≫近畿地方

かれぇどすえ

“舞妓”的なカレーとは?(丸尾食品)

かれぇどすえ:パッケージ
 いろんな“ご当地カレー”がありますが、大きく“産物系”と“あやかり系”に分けられるのではないかと個人的には考えています。
 “産物系”とは、その土地の名産物・特産物とされる肉や野菜などを、材料に使ったもの。“あやかり系”は、その土地の有名人や景勝地、故事来歴などを、製品のコンセプトに据えたものです。

 今回試食した「かれぇどすえ」は、“あやかり系”に分類されるレトルト製品。パッケージを見れば分かるとおり、京都の舞妓にあやかっていますよね。

≫続きを読む

消防隊カレー

災害時こそおいしいものを

消防隊カレー:パッケージ
 常温で長期保存できるレトルト食品は、災害時の非常食に適しています。そのため、初めから非常食向けに作られているレトルトカレーもあるのです。

 今回試食した「消防隊カレー」もそのひとつ。兵庫県神戸市の同市消防学校で食べられているビーフカレーのレシピが基になっているそうです。

≫続きを読む

日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー

舌を刺すような刺激が(祇園味幸)

日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー:パッケージ
 不惑を何年も前に過ぎ、無理が効かなくなっています。我ながら情けない。
 例えば、激辛カレー。かつては暑くなると恒例のように食べていたものですが、いつしか胃腸に影響が出るようになり、進んで手を伸ばすことはなくなりました。

 ところが今回、「日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー」を食べることに。関西方面へ出掛けた人から、お土産にいただいたのです。ヒトサマの好意を無にする訳にはいきません。

≫続きを読む

WHITE CURRY

カレーの“定義”を拡張?(ベル食品工業)

WHITE CURRY:パッケージ
 カレー好きが集まると、時おり“定義”をめぐる論争が起きたりします。「カレーとは何か?」「どこまでがカレーで、どこからがカレーではないのか?」
 いささかヒネった見解ですが、私個人は「日本人が“カレー”として認めている料理がカレーである」と考えています。カレーの何たるかについて、日本人以上に柔軟に考察する民族は、世界のどこにもいないからです。

 ひさびさに、カレーの“定義”を押し広げてしまいそうなシロモノに出合いました。それが、今回試食した「WHITE CURRY」。大阪府堺市にあるレストラン「MACHⅢ(マッハ・スリー)」の名物という、白いカレーをレトルト製品にしたものです。

≫続きを読む

福之神ビリケン 開運ビーフカレー

食べれば幸福に…?(アイキョー)

福之神ビリケン 開運ビーフカレー:パッケージ
 誰だって幸福を求めています。私だってシアワセになりたい。
 それがカレーを食べて実現するのであれば、カレー好きにとっては願ってもないことですよね。

 今回試食したのは「福之神ビリケン 開運ビーフカレー」。大阪市にある通天閣の公式キャラクターでもある、ユニークな神像「ビリケン」にちなんだレトルト製品です。「開運」を謳うからには、何らかのご利益を期待したいところ。

≫続きを読む