カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

カテゴリー ≫製品

ドラゴンカレー(辛口)

ジビエを活用(猪鹿工房東陽)
ドラゴンカレー:パッケージ
 朱色に龍がのたくっている、派手なパッケージ。中華風の何かに見えますが…。
 これはレトルトカレー。ジビエ肉を使ってあるそうですが、チャイニーズとは無関係なようです。

 熊本県南部の氷川町。国道3号線沿いにある「道の駅 竜北」で限定販売されている製品とのこと。「竜北⇒ドラゴン⇒中華風」みたいな図式でしょうか。

≫続きを読む

銀座千疋屋のチキンカレー

ブランドを守る味わい(銀座千疋屋)
銀座千疋屋のチキンカレー:パッケージ
 いろんなレトルトカレーを食べきたおかげで、いろんなデザインのパッケージを見てきました。
 カレーの写真を大きく配しているもの。個性的な材料を前面に押し出しているもの。製品に関するキャラクターを紹介しているもの。などなど…。

 今回試食した「銀座千疋屋のチキンカレー」は、何ともシンプルなパッケージ。全国に知られる老舗フルーツパーラーとしてのブランドがあれば充分…そんな、作り手の自信が見える気がします。

≫続きを読む

江田島海軍カレー

コストを抑えつつも満腹に(クライムONE)
江田島海軍カレー:パッケージ
 パッケージの表面に「金曜日はカレーの日!」。
 理由は裏面に書いてあります。旧日本海軍の船内では、航海中でも曜日の感覚を失わないよう、金曜日にカレーが食べられていたそうです。

 今回試食した「江田島海軍カレー」は、海軍にゆかりの深い広島県江田島市の“ご当地カレー”。全国各地に散見される“海軍系カレー”のひとつでもあります。

≫続きを読む

家康くんカレー

ウナギも自衛隊もピアノも(静岡県浜松市)
家康くんカレー:パッケージ
 全国各地の“ゆるキャラ”。今では、いない地域の方が珍しいかも知れません。
 静岡県浜松市のゆるキャラは「出世大名家康くん」。徳川家康が浜松城の城主を17年間務め、後に天下統一を成し遂げたという史実から生まれました。

 今回試食した「家康くんカレー」は、このゆるキャラの“オフィシャルカレー”に相当するレトルト製品。家康くんのイラストや、徳川将軍家を象徴する三つ葉葵の家紋などが、パッケージを飾っています。

≫続きを読む

阿蘇大麦カレー〔冬野菜編〕

産学官連携のおいしさ(JA阿蘇 × 熊本県立大)
阿蘇大麦カレー〔冬野菜編〕:パッケージ
 熊本県の阿蘇地方。ここの農産物と聞いて、県民の私がパッと思い浮かぶのは、牛肉や乳製品、高菜などでしょうか。
 ですが、それは私が無知というだけ。実際は、他にもさまざまな作物が穫れる、実り豊かな土地なのです。

 今回試食した「阿蘇大麦カレー〔冬野菜編〕」は、そんな阿蘇地方の農産物を活用したレトルト製品です。

≫続きを読む