カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

カテゴリー ≫中部地方

直虎カレー

“大河”のカレーは具だくさん(システック)
直虎カレー:パッケージ
 2017年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」。
 戦国時代の遠州で、女性でありながらも領主として采配を振るい、井伊家を存続させた…などと評される、傑物の物語です。

 毎年、ドラマの舞台となる地域では、観光関係のPRが盛んになります。今回試食した「直虎カレー」は、そんな盛り上がりの中で生まれたレトルト製品です。

≫続きを読む

やきとりカレー

缶詰でおなじみ(ホテイフーズ)

やきとりカレー
 スーパーやコンビニでよく見かける、白い缶詰「やきとり たれ味」。ビールなどの手軽なツマミとして広く親しまれている、ロングセラー商品です。

 そのヤキトリを使ったレトルト製品が、今回試食した「やきとりカレー」。メーカーのある静岡県限定で販売されているという、一種の“ご当地カレー”です。

≫続きを読む

サボテン グリーンカレー

緑が鮮やか(サボテンパークアンドリゾート)

サボテン グリーンカレー
 外皮がトゲに覆われているサボテン。私たち日本人には観賞用としてなじみ深い植物ですが、海外では料理にも使われるそうです。

 今回試食した「サボテン グリーンカレー」は、サボテンの果肉が入ったレトルト製品。静岡県伊東市にあるテーマパーク「伊豆シャボテン公園」で売られているらしく、一種の“ご当地カレー”と言えるでしょう。

≫続きを読む

近江牛カレー

三大和牛のひとつ(京都千鳥本舗)

近江牛カレー
 江戸時代にさかのぼる歴史を誇るという、滋賀県の「近江牛」。日本においては「三大和牛」「三大銘柄」に挙げられる、伝統的なブランド牛です。

 高級品ではあるものの、食肉処理の過程で出る端肉は、レトルトカレーなどに製品化されています。もったいないですからね。
 そんなカレーを食べる、2度目の機会に恵まれました。今回の「近江牛カレー」です。

≫続きを読む

軽井沢 欧風カレー

軽井沢の過去と現在(三越伊勢丹フードサービス)

軽井沢 欧風カレー
 かつて「日本三大外国人避暑地」のひとつに数えられた、長野県の軽井沢。明治期に洋式ホテルが相次いで開業し、日本を訪れた外国人たちに好評を博したそうです。
 ちなみに、残るふたつの避暑地は、長野県の野尻湖、宮城県の高山。

 今回試食したのは「軽井沢 欧風カレー」。パッケージに、大正初期に撮られたという軽井沢のメインストリートの写真が使われており、どこか「欧風」や「洋食」の伝統を感じさせます。

≫続きを読む