カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密(?)養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

関東地方

7食べればゴジラ気分?(フジコー)

YOKOSUKA ゴジラカレー:パッケージ

 日本が誇る(?)大怪獣ゴジラ。
 初めて上陸した地については諸説あるようですが、神奈川県横須賀市の観音崎に“ゴジラの足跡”が存在し、隠れた観光スポットとなっている模様。また、近くの公園「くりはま花の国」には、ゴジラをかたどった大きな滑り台が設置されているそうです。

 今回試食したのは「YOKOSUKA ゴジラカレー」。ゴジラとの縁にちなんだ、横須賀市の“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

萌えキャラがPR(ウッド村ファーム)

トマトチキンカレー:パッケージ

 今や全国各地に“ゆるキャラ”や“ご当地ヒーロー”が存在し、PR活動に頑張っています。
 それらのバリエーションのひとつが“ご当地萌えキャラ”。私は知らなかったのですが、それなりに認知が拡がり、盛り上がっているようです。

 今回試食した「トマトチキンカレー」は、千葉県銚子市の農業を“ご当地萌えキャラ”でPRしている「ウッド村ファーム」によるレトルト製品。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

“革新”と捉えよう(ヤチヨ)

幕末牛鍋カレー:パッケージ

 振り返れば、たくさんの“◯◯にちなんだカレー”を食べてきました。
 自衛隊にちなんだカレー、消防隊にちなんだカレー、山口県にちなんだカレー、福之神ビリケンにちなんだカレー、などなど。白樺派にちなんだカレーもありましたね。…くわしくは、上段にあるメニューバーから「製品レビュー」のコーナーをご覧下さい。

 今回試食した「幕末牛鍋カレー」は、“幕末にちなんだカレー”ということになるでしょうか。江戸時代末期に活躍した英傑2人がパッケージにあしらわれているレトルト製品です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

外見と味わいのギャップが!(常陸サンライズパーク)

ネモフィラカレー:パッケージ

 「ネモフィラ」とは何か? 北米原産の一年草。青い可憐な花が特徴です。
 私は知りませんでした。このカレーを食べるまでは。

 今回試食した「ネモフィラカレー」。 一種の“ご当地カレー”らしく、 茨城県にある「ひたち海浜公園」の名物になっている模様。同公園では2種のネモフィラが花を咲かせるそうです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

2度食べることになろうとは…(磯山商事)

メロンカレー(その2):パッケージ

 1997年から運営している、この「カレーの穴」。これまでにいろんなカレーを食べてきた訳ですが、長く運営しているだけに、“うっかり”も少なくありません。

 今回試食した「メロンカレー」、実は2012年にレビュー済み。そのことを、私は完全に忘れていました。同じカレーを入手し、食べた感想をアップしようとする時になってようやく、以前レビューをしていたことに気付いた次第です。
 もったいないので、2度目のレビューも掲載することにしました。同一人物の感想が、3年の間にどう変わったのか、変わっていないのか…せめて、そのあたりでも楽しんでいただければ幸いです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

ドジっ子メイドがアピール(だるま食品)

水戸納豆カレー:パッケージ

 カレーのトッピングとして、もはや納豆は一定の認知を得ていると言えそうです。好き嫌いは大きく分かれるでしょうが。
 では、具材としてはどうか? 添えたり載せたりするのではなく、混ぜ入れたり煮込んだりする対象としての納豆。…こちらは、認知を得ているとは言いがたいかも。私も食べたことがありませんし。

 今回試食した「水戸納豆カレー」は、納豆入りのレトルトカレー。納豆の“本場”として知られる、茨城県水戸市の“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

隠し味にコーラ!?(ヤチヨ)

よこすか開国 ペリーカレー:パッケージ

 炭酸飲料のコーラ。おいしい肉ジャガや牛丼を作る際、コーラを隠し味に使うと、おいしくできるそうです。
 コーラには砂糖が多く含まれているので、砂糖を加えて煮込むような料理には、意外と合うのでしょうね。

 今回試食した「よこすか開国 ペリーカレー」には、隠し味にコーラが使われている模様。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

マレー風(?)の味わい(HAPPY COMPANY)

逗子なぎさホテルカレー
 神奈川県の逗子海岸に、かつて「逗子なぎさホテル」というリゾートホテルがありました。大正15年の開業当時は、湘南で唯一の様式ホテルだったそうです。

 今上天皇が皇太子だったころ、このホテルのカレーを好んでいたとのこと。それを再現したというレトルト製品が、今回試食した「逗子なぎさホテル カレー」です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

辛くてさわやか?(デリー)

ホットカシミールカレー
 かつて東京の名店「デリー」でカシミールカレーを食べたことがあります。刺激のグレードは「極辛」でしたが、それでもおいしかった。

 今回試食したのは、そのレトルト製品。ただし、名称に「ホット」が冠され、刺激のグレードは「極々辛口」。店舗で食べたカレーよりも辛いようです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

緑茶の風味が(防衛ホーム新聞社)

狭山茶入りポークカレー 撃(GEKI)
 さまざまなスパイスや調味料によって味付けされるカレー。隠し味もさまざまで、当サイトでは以前、代表的なものを検証したことがあります。
 ですが、緑茶を入れたカレーは珍しいようです。少なくとも、私は初めて。

 それが、今回試食した「狭山茶入りポークカレー 撃(GEKI)」です。かつて食べたことがある「自衛隊オリジナルカレー 撃(GEKI)」など、自衛隊内に流通している加工食品「撃(GEKI)」のシリーズ。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

豊かな滋味(チャヤ マクロビオティクス)

野菜カレー マイルド
 マクロビオティックを取り入れた料理を提供するという店を、しばしば見かけます。
 名称は横文字ですが、「日本の伝統食を基礎にした健康的な食事法」「中国の陰陽思想を取り入れた菜食中心の料理」とのこと。料理教室や製造食品など、さまざまな形で普及しているようですね。

 今回試食した「野菜カレー マイルド」は、東京にレストラン数店舗を展開する「チャヤ マクロビオティクス」によるレトルト製品。マクロビオティックに基いているそうです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

角切りマグロ入り(神奈川県漁業協同組合連合会)

三崎港 まぐろカレー
 私たち日本人が大好きな魚、マグロ。寿司から缶詰まで、さまざまな形で食べられています。レトルトカレーとして製品化もされており、当サイトでは以前「東京発 築地 マグロカレー」を試食したことも。

 今回試食した「三崎港 まぐろカレー」は、神奈川県三浦市の“ご当地カレー”。同市の三崎漁港は、マグロの陸揚げが盛んで、周辺は“まぐろの街”として知られているそうです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

お子さまには向かない?(AKプラス)

国立薬膳カレー
 中国の“医食同源”の思想から生まれた薬膳。健康の増進や維持に効果があるとされる、さまざまな食材を使った料理です。
 これと似ているのがカレー。各種の香辛料には、漢方薬と同じものも少なくありません。

 今回試食した「国立薬膳カレー」は、薬膳が取り入れられているというレトルト製品。東京都国立市の商工会議所による「くにたちStyle」というローカルブランドに認定され、国立市の“ご当地カレー”となっているようです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

帝国ホテルの正統派(インペリアル・キッチン)

英国風ビーフカレー
 高級ホテルは国内にも数多くありますが、格式では「帝国ホテル」が一番でしょう。明治23年(1890年)の創業です。
 料理においては、シャリアピン・ステーキの考案や、「バイキング」としてビュッフェ形式のレストランを始めたことなどで知られています。

 今回試食した「英国風ビーフカレー」は、帝国ホテルのブランドによるレトルト製品です。シンプルでシックでパッケージデザインには、どこか高級感も…。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

伝統野菜の大切さ(湘南農業協同組合)

ひらつか きゅうりカレー
 一般的に“サッパリ”や“冷たい”などのイメージがあるキュウリ。そのせいか、加熱して作る料理では、あまり見かけないようです。
 個人的には、酢豚に入っているキュウリを食べたことがある程度。その時も、おいしく食べた記憶はありません。

 そんなキュウリを“主役”に据えているのが、今回試食した「ひらつか きゅうりカレー」です。神奈川県相模原市の“ご当地カレー”とのこと。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

隠し味が主役に(横須賀カレー本舗)

横須賀カレーチョコレート
 カレーを作る際の隠し味、そのひとつにチョコレートが挙げられます。豊富な脂肪分や、甘い風味などが加わって、カレーのコクが深まります。

 ところが、今回試食した「横須賀カレーチョコレート」は、チョコとカレーの関係が逆転している製品。チョコレートが主役で、隠し味がカレーなのです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

存在感は種子に(東京かじの)

東京こだいら ブルーベリーカレー
 トーストなどに付けるジャム、数ある中でもブルーベリーが好きな私です。我が家の冷蔵庫には、常にブルーベリージャムの瓶が入っています。
 ですが、これがカレーに入るとなると、喜びや嬉しさとは異なる気持ちが湧いてきますね。フルーツを混ぜ込むことは珍しくないけれど、ブルーベリーはカレーに合うのでしょうか?

 今回試食したのは「東京こだいら ブルーベリーカレー」。国内で初めてブルーベリー栽培が行なわれたという、東京都小平市の“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

“まかない”の魅力(彩遊館)

鎌倉 近藤の味噌カレー
 「まかない料理」という言葉には、どこか不思議な魅力があります。店の従業員向けに作られる料理なので、客の立場では食べられない…そんなイメージがあるためでしょうか。

 ですが、今ではまかない料理はひとつのジャンルを形成しています。正規メニューに“昇格”したり、テレビ番組で紹介されたり、料理雑誌で特集されるなど、こちらが思うほどに縁遠いものではないようです。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

DHAが摂れる(山治)

東京発 築地 マグロカレー
 健康増進などの効果があるとされ、しばしばマスコミなどで話題になる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」。体内では合成できないため、食物から摂取する必要があります。
 DHAは魚介類に多く含まれているそうです。マグロなどの青魚には、特に豊富とのこと。

 今回試食した「東京発 築地 マグロカレー」は、そんなマグロが“主役”のレトルト製品。パッケージには「DHA/180咫廚秘陲錣譴討い泙后⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

とちおとめ使用(永井園)

いちごのカレー
 フルーティーなカレーが嫌いではない私ですが、イチゴが入っているとなると、思わず身構えてしまいます。イチゴという果物は、イメージ的には“菓子”に近くて、“惣菜”からは遠いところに位置するのかも知れません。
 イチゴは樹木にならないので、むしろ野菜に近いような気もするのですが…。

 今回試食した「いちごのカレー」には、栃木県産のイチゴ品種「とちおとめ」が入っているとのこと。鮮やかなパッケージを見る限りでは、この中身がレトルトカレーとは思えません。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

軟らかいのにシャクシャク(JA全農とちぎ)

S148
 日本最古とされるカレーのレシピが、明治5年(1874年)に出版された料理本『西洋料理指南』に載っています。材料として、肉は鶏やカエル、野菜は長ネギが挙げられているそうです。
 日本の農家でタマネギ栽培が始まったのは、明治13年とのこと。それ以前は、カレーには長ネギを使うことが一般的だったのかも知れません。

 今回試食した「白美人の和風カレー」は、長ネギを“主役”に据えたレトルト製品。栃木県で生産される軟白長ねぎのブランド「那須の白美人ねぎ」をはじめ、地元産の肉や野菜を使った“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

ポークと好相性?(磯山商事)

メロンカレー
 かつて高級フルーツの代名詞だったメロン。近ごろは比較的、安価に気軽に食べられているようです。
 それでも、メロンをカレーの材料に使うという発想は、私個人にはありませんでした。あったとしても、「カレーに合う果物は他にあるし」「わざわざメロンを入れる必要はないだろう」などと考え直し、実行には移さないでしょう。

 私が敬遠しそうなことを実行しているのが、今回試食した「メロンカレー」というレトルト製品。パッケージ裏面には「生産量日本一である茨城県鉾田市産の『メロン』と/茨城県の銘柄豚『ローズポーク』を合わせた茨城ご当地の/メロンカレーです。」と書いてあります。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

グレイビーボートを使いたい(三越伊勢丹フードサービス)

昔ながらの 東京・洋食カレー
 当サイトでは一応、カレーの「洋食(欧風)」と「日本風」を区別しています。前者は“シチュー的”な作りで、後者は“肉ジャガ的”な作りです。銀色の洋食器「グレイビーボート」(ソースポット)が似合うのが前者、似合わないのが後者とも言えるでしょう。

 今回試食した「昔ながらの 東京・洋食カレー」は、まさにグレイビーボートを使いたいレトルト製品。パッケージ裏面に「昭和40年頃、新宿二幸(現新宿アルタ)で、当時大好評だった洋食カレーを再現いたしました」と書いてあります。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

キャッチーなブランド豚(三越伊勢丹フードサービス)

東京X豚 ポークカレー
 各地で生産されているブランド肉。品質もさることながら、ブランドの確立においては、ネーミングや物語性なども重視されるそうです。
 ネーミングでインパクトのあるブランド肉と言えば、ここ熊本では鶏肉「天草大王」。全国を見渡せば、さまざまな銘柄の中でも、豚肉「TOKYO X」あたりが目立っていますね。

 今回試食したのは、そのTOKYO Xを使った「東京X豚 ポークカレー」。 東京都畜産試験場が生んだブランド肉による“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

味噌煮に通じる味わい(石川水産)

佐島 しこ鰯カレー
 日本の食卓では、比較的ポピュラーとみられるイワシ。ですが、カレーの材料としては、おそらくマイナーな部類に入るでしょう。

 今回試食した「佐島 しこ鰯カレー」は、カタクチイワシが使われているレトルト製品。イワシなどの水揚げが豊富という、三浦半島・佐島の“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

銘柄豚で競う(上州ミート)

上州麦豚カレー
 牛に銘柄牛があるように、豚にも銘柄豚があります。鹿児島県の「黒豚」やヨーロッパの「イベリコ豚」などが有名ですが、近ごろは全国各地に、さまざまな銘柄豚が生まれている模様。

 今回試食した「上州麦豚カレー」に入っているのは、群馬県の銘柄豚・上州麦豚。麦を多く含む専用飼料で肥育されているそうです。
 パッケージには「TON太」「TON子」と名付けられた豚のキャラクターが登場、ブランド化への意気込みが感じられますね。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

シシ肉の魅力(あがつま農協)

いのししカレー
 世間には無数のポークカレーが出回っていますが、イノシシの肉を使ったカレーは珍しい部類に入るでしょう。ブタとイノシシは“親戚”ではあるものの、家畜と野生獣では産出量が大きく違うのです。

 とは言え、シシ肉のカレーを見かける機会は、ここ数年ほどで増えてきました。獣害を逆手に取った製品化の取り組みが、各地の山間部で活発になっているためと思われます。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

ちゃんこ鍋を応用(東京ビジネスサービス)

S133
 東京都の墨田区と聞けば、「両国国技館」「大相撲」などが思い浮かびます。有名なものは他にもたくさんあるのでしょうが、私のような田舎者には、テレビなどで目にする相撲のイメージが強いですね。

 今回試食した「すみちゃんカレー」には、相撲部屋のちゃんこ鍋が応用されているそうです。正式名称は「隅田川ちゃんこカレー」で、「墨田区」「隅田川」「ちゃんこ鍋」への思いを込めたという、墨田区の“ご当地カレー”です。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

自慢は豚肉(ユアサ)

とんとんのまちカレー
 豚肉の産出量において、都道府県では群馬県が、市町村では前橋市が、ともに全国トップクラスを誇るそうです。 東日本の家庭で作られるカレーは豚肉中心と言われますが、その要因のひとつに、首都圏近隣に豚肉生産地が存在することが挙げられるかも知れません。

 今回試食した「とんとんのまちカレー」は、その群馬県前橋市の“ご当地カレー”です。地元産の上州麦豚が使われているとのこと。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

人道主義の味わい?(ヒュージェ・ジャパン)

白樺派のカレー
 明治から大正にかけ、同人誌『白樺』から生じた人道主義の文芸思潮「白樺派」。その中心人物とされた武者小路実篤や志賀直哉らは一時期、千葉県の手賀沼周辺に住み、創作に励んでいたそうです。

 そんな時代をイメージして作られたのが、今回試食した「白樺派のカレー」。これは千葉県我孫子市の“ご当地カレー”で、白樺派に属していた思想家・柳宗悦の妻が、英国人の陶芸家バーナード・リーチからのアドバイスで味噌入りカレーを作ったことに由来するとか。いささか強引な気がしないでもありません。⇒ 続きを読む
HOME(カレーの穴) > 製品レビュー

このページのトップヘ

にほんブログ村 グルメブログへ