海自艦艇がおいしさ競う(エスプランニング)

GC1グランプリカレー:パッケージ

 「GC1グランプリ」をご存知でしょうか?
 「GC」は「護衛艦カレー」の頭文字。海上自衛隊佐世保地区の艦艇部隊が、自慢のカレーを競うコンテストなのです。…いろんなコンテストがあるものですね。

 今回試食した「GC1グランプリカレー」は、第1回目のコンテストで参加艦艇10隻の頂点に輝いたという、護衛艦「さわぎり」のカレーを再現したレトルト製品です。

 パッケージには「イカスミ&牛すじカレー」。これはレトルトパックの中身、コンテストで優勝したカレーを指しているのでしょう。また、小さく「2等海曹 篠原卓也 監修」とあるのは、カレーを考案した乗組員と思われます。

 販売は長崎県佐世保市のエスプランニング。1食200グラム。

GC1グランプリカレー:実物

 温めてご飯にかけたカレーは、くすんだブラウン。粘度はネットリと重め。見ただけでは何が入っているのか分かりませんが、スプーンで探ってみたところ、牛スジ肉らしいカケラが5切れほど出てきました。

 マイルドなビーフカレーです。肉の旨味に加え、甘味や酸味がバランス良くまとまっており、全体のおいしさを印象付けています。スパイスの刺激は、中辛よりもやや弱め。
 牛スジ自体は、味わいがカレーに煮溶けてしまっているようです。カレーのくすんだ色はイカスミによるものらしいのですが、魚介系の風味などはイマイチ。具材の存在感は薄かったけれど、ルーはデンプン質の固形分が豊富で、胃袋にズッシリと応えるボリュームがありました。

 今では、海上自衛隊の“名物料理”とも言えるカレー。武器を満載している艦艇が、火力や兵力ではなく、カレーのおいしさを競う…こんな平和が、いつまでも続くことを願うばかりです。
 
 ↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログへ