カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

宮崎バナナマンゴーCURRY

「バナマン」って呼ぶの?(九州産商)

宮崎バナナマンゴーCURRY:パッケージ
 温暖な宮崎県では、トロピカルフルーツの栽培が盛ん。当コーナーでは以前、宮崎県の「完熟マンゴーカレー」などを取り上げたことがあります。

 今回食べたカレーには、マンゴーに加えてバナナが。その名も「宮崎バナナマンゴーCURRY」です。


 バッケージによると、バナナジャムとマンゴーピューレが入っているとのこと。スムージーみたいなシロモノを連想しそうになりますが、実際はどうなのでしょう?

 宮崎県日向市にある九州産商の販売。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、茶褐色のペースト状。粘度が高く、モッタリとしています。ミンチ状の何かが入っているようですが、具材はよく分かりません。

宮崎バナナマンゴーCURRY:実物
 カレーの作りは欧風です。ベッタリ甘いのかと思いきや、意外にスッキリとした味わい。フルーツの甘味や酸味が、深いコクに転化、一体感のある上品な味わいを生んでいる模様。ジンワリとした刺激は、表示どおりの「中辛」でしょう。
 具材は、チキンらしいミンチ肉の粒を確認。他に野菜類が煮溶けているようですが、やはり判然とはしませんでした。特徴的な強い旨味があり、ご飯が進みました。

 パッケージをよく見ると、製品名のバナナの「ナ」と、マンゴーの「ゴー」が、小さく書かれていますね。略して「宮崎バナマンCURRY」と呼ぶべきなのでしょうか? バナマン、バナマン…。