宮崎産チョウザメカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

宮崎産チョウザメカレー

“親”は意外と庶民的?(器)

宮崎産チョウザメカレー:パッケージ

 チョウザメの卵「キャビア」は、高級食材の代名詞的。庶民の口には、そうそう簡単には入りません。
 それでは、チョウザメは? キャビアの“親”に当たるチョウザメの方は、食材としてどうなのでしょう?

 今回試食した「宮崎産チョウザメカレー」は、チョウザメが入ったレトルト製品。宮崎県では2004年からチョウザメの完全養殖が行なわれているそうで、パッケージの裏面には「宮崎は日本一のチョウザメ生産地」と大きく印刷されています。“ご当地カレー”ですね。


 チョウザメという魚は、サメとは別種の淡水魚。パッケージのイラストからは味わいがイマイチ想像しにくいのですが、その身は淡白で、美容成分や健康成分が豊富に含まれているそうです。

 製造は宮崎市の食品加工会社「器」。1食200グラム。

宮崎産チョウザメカレー:実物

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いブラウンです。粘度はドロリと重め。固形分が多そうに見えるものの、見える具材は4個。魚肉を丸めてあると見られる、直径1.5センチ前後の団子です。

 カレーは欧風の作り。強い旨味に加え、フルーティーな酸味が際立っています。なかなかにスパイシーで、刺激は中辛よりも強めと思われます。魚介系の風味などは、カレー自体には感じられません。
 特徴的だったのは、4個の魚肉団子です。歯応えはブリンとしていてカマボコっぽいけれど、ミンチ状の魚肉はツミレみたいな食感。味わいは、やはり“クセの無いツミレ”という印象でした。

 庶民的なテイストのカレーです。畜肉の代わりに魚肉ソーセージを入れていた“昭和のカレー”に通じる、懐かしいチープさがうかがえました。
 キャビアからイメージされる味わいとは、対極に近いかも。それはそれで、食べ甲斐のある、面白いカレーと言えるでしょう。