たこカレー(2) | カレーの穴 curry-no-ana.com

たこカレー(2)

あえて「昔風」と呼びたい(ミツヤ)

たこカレー(2)
 タコが獲れる所にカレーあり…ということなのかどうかは分かりませんが、再び「たこカレー」を入手しました。
 前回食べたのは熊本県・天草の製品でしたが、今回のは北海道産。名称が同じなので、便宜上「(2)」を付けてみた次第です。

 パッケージには「宗谷沖で獲れ、稚内港で水揚げされたたこ使用」などと謳われています。ローカル食材を活用した“ご当地カレー”と言えそうです。


 販売は稚内市のミツヤ。1食220グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、落ち着いたブラウン。ネットリと重い粘りがあります。タコ脚のブツ切りらしい、大きさ1~2センチの具材が、10個ほど確認できました。

 「欧風」でもなく「日本風」でもなく、あえて「昔風」と呼びたいカレーです。魚介類の風味が利いており、そこに強い甘味と、スパイスの風味が加わっている。素朴にして濃厚な味わいで、ご飯が進みます。刺激は中辛程度でしょう。
 歯応えのあるタコ脚は、子供や高齢者が食べるには少々キツいかも知れません。それでも、噛み締めれば独特の旨味が染み出てきました。

 パッケージの裏面には「宗谷地方では、戦後よりたこ漁が盛んで、昔は肉の代わりにたこを入れたカレーを作って食べていました」と書いてあります。薪ストーブの大鍋でグツグツと煮える、タコ入りのカレーが目に浮かぶようでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪