カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

土佐くじらカレー

“影の主役”はショウガ(四國健商)

土佐くじらカレー
 かつて「捕鯨王国」とも呼ばれていた四国・高知県。室戸市やその周辺には、日本有数の捕鯨基地として栄えていたころの文化が残されているそうです。

 今回試食した「土佐くじらカレー」は、そんな捕鯨文化にも通じるレトルト製品です。
 パッケージからイラストがはみ出ているデザイン。これは、以前に食べた「土佐ジローカレー」と同じで、高知県の“ご当地カレー”シリーズのひとつなのです。


 ところが、パッケージの裏面には、ショウガのイラストとともに、「高知の生姜は生産量No.1」との文字。これは何を意味しているのでしょう?

 販売は高知市の四國健商。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、落ち着いたチョコレート色で、ユルめの粘度です。クジラの肉と思われる、1~3センチほどの小塊が5個。ショウガらしい小さなカケラも、チラホラと見えます。

 強い旨味で食べさせる、欧風の作り。滑らかな舌触りの中、ショウガのシャクシャクとした歯触りが際立っています。刺激は中辛程度で、ショウガ特有のホットな風味が利いています。
 クジラの肉は、噛めばホロリと崩れる軟らかさで、赤身魚に似た食感。畜肉に比べて少々クセがあるものの、それをショウガがカバーしている印象を受けました。

 「土佐ショウガカレー」とも言えそうな製品でした。
 日本の調査捕鯨が禁止されてしまった昨今。クジラの肉が入手困難になれば、その時にはショウガがパッケージの裏面から前面に回り、新たな装いで販売されているかも知れません。