カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

三崎港 まぐろカレー

角切りマグロ入り(神奈川県漁業協同組合連合会)

三崎港 まぐろカレー
 私たち日本人が大好きな魚、マグロ。寿司から缶詰まで、さまざまな形で食べられています。レトルトカレーとして製品化もされており、当サイトでは以前「東京発 築地 マグロカレー」を試食したことも。

 今回試食した「三崎港 まぐろカレー」は、神奈川県三浦市の“ご当地カレー”。同市の三崎漁港は、マグロの陸揚げが盛んで、周辺は“まぐろの街”として知られているそうです。


 1食180グラム。販売は神奈川県漁業協同組合連合会。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いブラウン。粘度は強めです。野菜などは煮溶けている模様。マグロと見られる、1~3センチ角のサイコロ状の具材を5個確認しました。

 作りは欧風のビーフカレー。スパイスの刺激は中辛程度でしょう。濃厚な旨味のほか、かすかに魚介系の風味が感じられます。
 角切りのマグロは、細い繊維質が密集しており、噛むと簡単に崩れます。わずかな酸味があり、肉とは異なる味わいでした。

 もっとマグロの存在感を前面に出してほしかった。レトルト製品には向きませんが、「フライにしてトッピングしては?」などと考えたりしました。