イクイップメントフロア:スパイシー・チキンカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

イクイップメントフロア:スパイシー・チキンカレー

おいしさとくつろぎ(熊本県熊本市)

イクイップメントフロア:スパイシー・チキンカレー
 料理は“ひと皿”の中で完結しているもの…という考え方があります。一方で、環境やサービスなども味わいのうち…という考え方もあります。

 ふたつの考え方の間で揺れ動いている感覚…それが“おいしさ”なのかも知れません。


 今回訪れた「イクイップメントフロア(equipment:FLOOR)」は、前述の例では後者寄りかも。店の雰囲気や、フレンドリーな接客が、カレーに溶け込んでいるような気がするのです。

 熊本市中央区の南坪井町。熊本電鉄・藤崎宮前駅の、道路をはさんだ向かい側にある、アジアンスタイルのカフェです。
 カウンター4席、6卓あるテーブルには、さまざまなソファや椅子、ベンチなど。古材を活用した手作り感のある店内は、やや雑然としているけれど、ゆったりとくつろげる雰囲気。好きな本を読みふけったりするには最適でしょう。

 食事メニューは日替わりが中心ですが、カレーは必ず用意されています。この日は、スタンダードな「スパイシー・チキンカレー」を注文しました。

 紡錘形に盛られたご飯。かかっているカレーはミゾレ状で、骨付きの鶏手羽元が1本入っています。カイワレのトッピングと、ニンジンのピクルスが鮮やか。ミニサラダとドリンクが付いています。

 スパイシーなインドカレーです。クミンやカルダモンの香りが、口の中に拡がります。刺激的ではあるものの、口当たりは実におだやか。ご飯に合う、ご飯が進む作りです。
 煮込まれていて軟らかな手羽元肉。スッキリとしたトマトの酸味が、肉の味わいを引き立てていました。

 「カレーがおいしいカフェ」として、熊本市内で10年以上の歳月を重ねている店です。2004年12月、ここでオフ会を開いた思い出も。かつてみんなで食べたカレーの味が、店とともに変わらずある…そのことが貴重に思われます。