カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

白いカレー

カレーから遠く離れて…(寿フーズ)

白いカレー
 珍品に思えるけれど、意外と見かけるのが“白いカレー”。当サイトでは、これまでに「その子 白いカレー」「北海道ホワイトカレー」「牛乳カレー」などを取り上げてきました。
 カレーという料理自体に“黄色”という固定観念があり、そこに意外性やユニークさを求めた結果が“白色”なのかも知れませんが…人間の考えることは、どこかで似通ってしまう模様。「白いカレーを作って、みんなを驚かせてやろう」などと目論む人が、全国にいる訳です。

 今回試食した「白いカレー」は、北海道の“ご当地カレー”のひとつ。函館市の「季節居酒屋ひろべ」店主が考案したレシピに従い、道産の食材で作られているそうです。


 製造は七飯町にある寿フーズ。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、クリーム色で、強めの粘度。見た目はホワイトシチューそのものです。1センチ前後のニンジンやジャガイモ、みじん切りのタマネギのほか、ホタテと見られるカケラも確認できました。具だくさんの印象。

 クリームシチューに極めて近いカレーです。クリーミーな口当たりで、旨味が強くて塩気が利いており、ご飯に合います。スパイシーさが弱い半面、ホットな刺激はあって、これは表示どおりの「中辛」でしょう。
 ホタテは煮崩れていますが、存在感はあります。貝柱やヒモなどを噛み締めると、濃い旨味がジワリと染み出てきました。

 外見に惑わされないように目を閉じて食べてみたものの、やはりカレーとは思えません。ホタテが入っているせいか、むしろクラムチャウダーに近い気がします。おいしさを求めるあまり、カレーから遠く離れてしまった…そんな感じでした。