カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

エゾ鹿スープカレー

野趣ある旨味(北泉開発)

エゾ鹿スープカレー
 北海道で獲れるエゾシカのカレー…と聞けば、黄色い缶詰の「えぞ鹿カレー」が浮かびます。「熊カレー」「トドカレー」と並んで売られていることが多く、良くも悪くも、北海道を代表するカレー製品と言えるかも知れません(参照:読者リポート「北海道の仰天カレー」えぞ鹿カレートドカレー)。

 今回試食した「エゾ鹿スープカレー」は、あの缶詰カレーに漂っていた“ゲテモノ感”とは無縁のレトルト製品。エゾシカだけでなく、タマネギやニンジン、ジャガイモも北海道産とのことです。


 販売は釧路市の北泉開発。1食300グラムと内容量は多め。

 温めたカレーは、サラサラのスープ状。ご飯とは別の器に入れました。全体は明るめのチョコレート色で、オレンジ色の油脂が小さく浮いています。エゾシカと思われる肉は、大きさ3~6センチほどの塊が4個。ボリューム感があります。この他、長さ約4センチのニンジンが1個と、ジャガイモの小塊が2個。

 スープカレーは、口当たりはあっさり。ですが、深いコクが感じられ、甘味や酸味が突出することなくまとまっています。かすかにカルダモンの風味。やや遅れて感じられる、ヒリヒリとした刺激は中辛程度でしょうか。
 エゾジカの肉は、この手の製品にしては、かなり硬め。脂身はほとんど無く、繊維質が詰まっていて弾力があります。噛み締めると、野趣のある旨味がジワリ。一方で、ニンジンとジャガイモは、煮崩れるギリギリまで軟らかくなっていました。

 歯が弱い人などには向かないでしょうが、食べ応えは満点。ジビエとしての、エゾジカのおいしさが堪能できました。