東京こだいら ブルーベリーカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

東京こだいら ブルーベリーカレー

存在感は種子に(東京かじの)

東京こだいら ブルーベリーカレー
 トーストなどに付けるジャム、数ある中でもブルーベリーが好きな私です。我が家の冷蔵庫には、常にブルーベリージャムの瓶が入っています。
 ですが、これがカレーに入るとなると、喜びや嬉しさとは異なる気持ちが湧いてきますね。フルーツを混ぜ込むことは珍しくないけれど、ブルーベリーはカレーに合うのでしょうか?

 今回試食したのは「東京こだいら ブルーベリーカレー」。国内で初めてブルーベリー栽培が行なわれたという、東京都小平市の“ご当地カレー”です。


 販売は小平市の東京かじの。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、明るめのブラウンで、ゆるいトロみ。1~2センチほどの肉塊がコロコロ。その間に、ブルーベリーらしい直径1センチ前後の球体が数個見えます。

 日本風のポークカレーです。旨味が強く、味わいはマイルド。パッケージの「中辛」表示より、刺激は穏やかでしょう。豚肉は硬めで、量が多いために食べ応えがあります。
 “主役”であるはずのブルーベリーは、それらしい酸味や風味が感じられる程度。コクなどに貢献していると思われますが、知っていなければ気付かないかも。香辛料に負けてしまうのか、ブルーベリーの果実を食べても、味はよく分かりませんでした。

 ブルーベリー自体のインパクトは弱かったものの、歯の隙間にガリッとはさまる硬い粒が。種子には存在感があったようです。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪