シヴァ(SHIVA)元三店:日替わりランチ | カレーの穴 curry-no-ana.com

シヴァ(SHIVA)元三店:日替わりランチ

日本人向けに“進化”へ(熊本県熊本市)

シヴァ(SHIVA)元三店:日替わりランチ
 2012年4月に政令指定都市となった熊本市ですが、まだ「都会」と呼ぶには違和感を覚えます。
 それでも、国際化の波は着実に及んでいる模様。インドやネパールあたりから来ているらしいスタッフが働く、「カレー屋」ではなく「民族料理店」と呼ぶべき店が、チラホラとオープンしているのです。

 今回訪れた「シヴァ(SHIVA)元三店」も、そんな店のひとつ。本格的なインドカレーを、親しみやすいスタイルで提供しています。他に、熊本市健軍に「健軍店」も。福岡市の同名店と関係があるのかな?


 熊本市南区八幡の国道3号線沿い。2階建てアパートの1階に入っています。店内は喫茶店風。カウンター4席、テーブル4卓、座敷席が2卓。奥にはテラス席もあるそうです。厨房には、インド系と見られるスタッフが3人。

 メニューは豊富で、カレーだけでも30種類近く。それらを組み合わせた多様なセットも用意されています。
 選びきれなかったので、日替わりランチを注文。日替わりのカレーと、ナンまたはライス、パパド、ミニサラダ、そしてドリンクのセットです。主食はナン、ドリンクはチャイを選びました。

 席に着くと、まずグイ呑みのような器に入ったスープが出されます。オーダー後に、丸盆に載ったカレーとナン、パパドが登場。別にミニサラダの小鉢。

 この日のカレーは、ナスとジャガイモの野菜カレーでした。優しい滋味がある半面、キリリとした刺激も感じられます。全長30センチを超えるナンは、焼きたてフカフカ。ややモッチリ感が弱いせいか、比較的軽い食べ応えで、いくらでも進みそうです。
 この店では、ナンはお代わり自由。インドのポップスらしい軽快なBGMに乗せられ、ついお代わりをオーダーしてしまいました。

 食後にチャイを飲みながらメニューをながめてみると、キーマカレーをかけたパスタ、子供向けのセット、ハチミツ味のナン、ネパール風という焼きそばみたいなチキンチャオミンなど、地方都市の客層を意識したようなメニューが。座敷席のグループ客は、ナンにアイスクリームなどを載せた「バニラナン」というシロモノを、デザートに食べていました。
 日本で普及しているカレー料理は、日本人が日本人向けに改良を重ねて生まれました。ですがこれからは、インド人が日本人向けに改良したものが普及していくのかも知れません。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪