水兵さん ビーフカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

水兵さん ビーフカレー

中にクリが?(ハヤシスポーツ)

水兵さん ビーフカレー
 果物はカレーに合いますよね。さわやかで甘酸っぱい味わいが、カレーのおいしさを引き立ててくれます。

 では、クリはどうでしょう?
 樹木に実るからには果物の一種なのでしょうが、入っているカレーを見たことはありません。だから、カレーとの相性も、いまひとつ想像ができません。


 今回試食した「水兵さん ビーフカレー」は、クリが入ったレトルト製品。パッケージには「マロンパウダー(栗の渋皮)使用」と書かれたシールが貼ってあります。渋皮の粉末?

 販売は、京都府舞鶴市のハヤシスポーツ。海上自衛隊舞鶴基地内で売店を経営しているそうで、それにちなんで「水兵さん」と名付けられたようです。1食220グラムと、やや多め。

 温めてご飯にかけたカレーは、深い焦茶色。とても粘度が強く、こんもりと盛り上がっている様子は、どこか溶岩を思わせます。具材の“気配”はするものの、判別はできません。パッケージ写真よりも実物が“濃そう”というケースは、ちょっと珍しいかも。

 こっくりとした優しい甘味が印象的。やや遅れて、中辛程度のシャープな刺激が立ち上がってきます。小麦粉や牛脂が使われているはずですが、見た目から想像されるほどの重さはありません。舌触りも、意外と優しくてなめらか。
 具材は、ニンジンとジャガイモの小さな角切りを確認。牛肉も入っているはずですが、煮溶けてしまったのか、見付けられませんでした。

 モンブランケーキのクリームを応用したような、何とも奇妙な出来。トンカツやハンバーグ、ソーセージなど、何をトッピングしても違和感を覚えそうです。“相方”を思い付けないほどに、個性的なカレーでした。