カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

房州産びわカレー

バランス良すぎ?(とみうら)

房州産びわカレー
 農産物、中でも果物の生産が盛んな地域では、それを活かした“ご当地カレー”があります。果物の甘味や酸味は、カレーに向いているからです。

 千葉県南房総市の富浦町。歴史あるビワの名産地で、皇室への献上品も生産されているとのこと。ここのビワを使っているのが、今回試食した「房州産びわカレー」です。


 1食200グラム。販売は地元のとみうら。

 温めてご飯にかけたカレーは、濃いブラウンで、ゆるめの粘度。ニンジンやタマネギ、肉(ポーク)などの具材はすべて細かく、全体がミゾレ状です。

 見た目よりもあっさりとした、軽い口当たり。パッケージに「中辛」と表示されていますが、刺激はもっと控えめな感じでした。肉や野菜の旨味、そしてビワの甘味と酸味、それぞれが突出せずにバランスを保っており、万人向けのマイルドな味わいに仕上がっています。
 ただ、バランスが良すぎるためか、ピューレとなって混入しているはずのビワの特徴がよく分かりません。おいしく食べられるだけに、少々残念でした。

 やはり「びわカレー」を食べるからには、どこかにビワらしい味が欲しいもの。“ご当地カレー”には、あえてバランスを崩した作りが必要なのかも知れません。